Outlook クライアントで Teams または Skype for Business の保持ポリシーが表示される

適用対象: Exchange Online

現象


Outlook デスクトップ クライアントがフォルダーのプロパティを表示する際に、メールボックスに適用されている既定のポリシーとして、Microsoft Teams または Skype for Business の保持ポリシーを使用しています。本来想定される動作は、Exchange メールボックス ポリシーの表示です。

原因


組織が、セキュリティ/コンプライアンス センターで Teams または Skype for Business に対して複数の保持ポリシーを作成すると、Outlook クライアントは既定で、Teams または Skype for Business のいずれかのポリシーを表示します。

Outlook クライアントで表示されるこの Teams または Skype for Business のポリシーは、ユーザーのメール フォルダーに実際には適用されていません。そのため、Outlook クライアントには、メール フォルダーについて誤ったポリシー情報が表示されていることになります。

ステータス


Microsoft は本事象を認識しており、追加情報が得られ次第、本資料に追記します。