Windows 仮想デスクトップおよび Windows 10 Enterprise マルチセッションのサポート ポリシー

適用対象: Windows Virtual DesktopWindows 10 Enterprise multi-session

概要


Windows 仮想デスクトップ

Windows 仮想デスクトップ (WVD) が一般に利用可能になりました。  WVD は、Microsoft Azure でホストされている管理対象のデスクトップおよびアプリケーション仮想化サービスです。 WVD は、最新のデスクトップとアプリケーションへのリモート アクセスをあらゆるデバイスから提供することで、最高の仮想デスクトップ エクスペリエンスを提供するのに役立ちます。  Microsoft 365 および Azure と組み合わせることで、マルチセッション Windows 10 および Microsoft 365 Apps for enterprise 環境をユーザーに提供します。 Windows 仮想デスクトップは、スケーラビリティを向上させ、IT コストを削減する、より安全なコンピューティング エクスペリエンスをユーザーに提供します。

Windows 10 Enterprise マルチセッション

Windows 10 Enterprise マルチセッションは、Windows 仮想デスクトップ専用のマルチセッション機能を提供します。

Windows 10 Enterprise マルチセッションは、Azure でのみテスト、最適化、およびサポートされます。 マイクロソフトでは、Azure 以外のデプロイ (オンプレミスの展開など) で Windows 10 Enterprise マルチセッションをサポートしていません。

Windows 仮想デスクトップと Windows 10 Enterprise マルチセッションの詳細については、Windows 仮想デスクトップを参照してください。