修正: SQL Server 2016、2017 で同期のすべてのレプリカでフォワーダーとセカンダリ ・ レプリカとの間の手動フェイル オーバーが失敗した場合します。

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Enterprise Core

現象


分散常に可用性グループ (AG) では、Microsoft SQL Server 2016、2017 で多数のデータベースがあると仮定します。  、手動フェイル オーバーを実行する2 つ目の AG をおすすめコンテンツにフォワーダー、およびセカンダリ ・ レプリカを ween、いても、エラーが表示されることがわかりますすべてレプリカが同期されます。さらに、以下のようなエラー メッセージが表示されます。

41104 のメッセージ、レベル 16、状態 12、行の行番号

ローカル ・ レプリカを可用性グループのフェールオーバー可用性グループ リソースのためにオンラインにできなかったために失敗しました、前のエラーです。

エラーを識別するには、SQL Server エラー ログを確認できます、Windows Server フェールオーバー クラスター ログおよびシステム イベント ログです。詳細についてはWindows Server フェールオーバー クラスターのイベントおよびログを表示する方法について(WSFC) クラスターでは、 Windows Server のマニュアルを参照することができます。をチェックすると、エラー ログ、 、次のようなエラー メッセージが表示されます:

可用性レプリカSQL Server のこのインスタンスで可用性グループ '< AGName >' は、プライマリ レプリカになることができません。1 つまたは複数データベースが同期されていないか、可用性グループに参加していません。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


SQL Server の次の累積的な更新プログラムで問題が解決します。
に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server の各新しいの累積的な更新がすべて含まれています、修正プログラムおよびセキュリティ修正がすべてに以前含まれていた累積的な更新です。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

関連情報


については、用語集をMicrosoft がソフトウェアの更新を説明するために使用します