データベースが SQL Server 2016、2017 AG から削除されたとき修正: 自動シード中のアサーションが発生します。

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Enterprise Core

現象


自動シード常に可用性グループ (AG) 内のセカンダリ レプリカのデータベースの初期化に使用すると仮定します。する、シード処理を実行することができます、前にSQL Server のでアサーションが失敗した自動シード処理の操作に関連付けられているレポートの作成を開始することがわかりますから、使用可能で常にデータベースをグループ化を削除します。また、次のようなエラー メッセージが表示される場合があります:
spid 番号自動シード処理の可用性データベース可用性グループ 'AG' で 'データベース名' は、一時的なエラーで失敗しました。操作されます retried.spid# の可用性データベース 'データベース名' の自動シード可用性グループ 'AG' の一時的なエラーで失敗しました。操作は retried.spid# エラーになります: 3202、重大度: 16、状態: 1.spid#"{0}"ファイル名}"の書き込みに失敗しました: 995 の (入出力操作は、スレッドの終了またはアプリケーションの要求のいずれかによって中止されましたが)。spid でエラー: 3271、重大度: 16、状態: ファイルの 1.spid# A の回復不可能な入出力エラーが発生しました"{ファイル名}:"995 の (入出力操作は、スレッドの終了またはアプリケーションの要求のいずれかによって中止されましたが).。spid でエラー: 41169、重大度: 16、状態: 4.spid# の可用性グループ 'AG' で '指定' の ID を持つ可用性グループのデータベースにアクセスしようとしているときにエラーが発生しました。 可用性グループの構成では、可用性データベースが見つかりません。 可用性グループの名前および可用性データベースの ID、正しいし、コマンドを再実行を確認します。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


T がi を発行しましたs の SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正:
に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server の各新しいの累積的な更新がすべて含まれています、修正プログラムおよびセキュリティ修正がすべてに以前含まれていた累積的な更新です。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


については、用語集をMicrosoft がソフトウェアの更新を説明するために使用します