2019 年 4 月 10 日 — KB4493475 (OS ビルド 10240.18186)

適用対象: Windows 10

機能追加および修正


この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • ノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML6 を使用するアプリケーションが応答しなくなる問題を修正します。 
  • Internet Explorer 10 のインターネット設定のグループ ポリシーの基本設定 (GPP) を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を編集すると、グループ ポリシー エディターが応答しなくなる問題を修正します。
  • Internet Explorer 上でローカルのイントラネット サイトおよび信頼済みサイトに対応するアプリケーションを起動しないことがあるアプリケーション プロトコル ハンドラー用のカスタム URI スキームの問題を修正します。
  • HTTPS プロトコル上でホストされているページで、HTTPS プロトコルを使用してサブリリースを読み込むと、Internet Explorer がそのサブリソースのダウンロードをブロックする問題を修正します。 
  • GB18030 証明書の要件を満たすように問題を修正します。 
  • カザフスタンのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • サントメ・プリンシペのタイム ゾーン情報を更新します。 
  • フォントごとの外字 (EUDC) を有効にすると発生する問題を修正します。 システムが動作しなくなり、起動時にブルー スクリーンが表示されます。 アジア以外の地域では、これは一般的な設定ではありません。
  • CALDATETIME 構造が 4 つ以上の日本の元号を処理できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 日本語の書式の日付に日本の元号のレジストリ設定が使用されない Microsoft Office Visual Basic for Applications に関する問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • ユーザーが日本の元号の元年のサポートを有効にすることができない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。 
  • 日付パーサーが複合ドキュメント (旧称 OLE) の未来と過去の日付 (グレゴリオ暦と和暦) を関連する日本の元号に変換できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。
  • PatBlt API を使用して埋め込みオブジェクトを Windows メタファイル (WMF) に配置すると、複合ドキュメント (OLE) サーバー アプリケーションで、埋め込みオブジェクトが正しく表示されないことがあります。
  • Microsoft Scripting Engine、Windows Input および Composition、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows ストレージおよびファイルシステム、Windows Server、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows Datacenter Networking、Windows MSXML、Windows カーネル、および Microsoft JET Database Engine を対象としたセキュリティ更新プログラム。 

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題


現象 回避策
名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4093430) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4493475 のファイル情報をダウンロードしてください。  

関連情報