ドメイン コントローラを Windows Server 2019 にインプレース アップグレードした後、SYSVOL DFSR の移行が失敗する

適用対象: Windows Server 2019, all versions

概要


ファイル レプリケーション サービスを使用するように構成されているドメインでは、以前のバージョンの Windows から Windows Server 2019 ベースのドメイン コントローラをインプレース アップグレードした後、SYSVOL フォルダは共有されません。 このディレクトリが共有されるまで、DC は LDAP、Kerberos、およびその他の DC ワークロードに対する DCLOCATOR 要求に応答しません。

現象


SYSVOL の従来のファイル レプリケーション サービスを使用するドメインでは、ドメイン コントローラ (DC) を Windows Server 2019 にインプレース アップグレードします。

ドメインを分散ファイル システム (DFS) レプリケーションに移行しようとすると、次の問題が発生します。

  • ドメイン内のすべての Windows Server 2019 ベースの DC は、SYSVOL フォルダの共有を停止し、DCLOCATOR 要求への応答を停止します。
  • ドメイン内のすべての Windows Server 2019 ベースの DC には、次のイベント ログ エラーがあります。

この DFSRMIG.EXE /GetMigrationState コマンド 、すべての Windows Server 2019 DC に対して次の出力を生成します。

Dfsrmig /getmigrationstateThe following domain controllers have not reached Global state ('Prepared'):Domain Controller (Local Migration State) - DC Type===================================================<Computer name> ('Start') - Writable DCMigration has not yet reached a consistent state on all domain controllers.State information might be stale due to Active Directory Domain Services latency.

注: グローバル状態は、以前に設定したグローバル状態に応じて、[準備済み]、[リダイレクト済み]、または [削除済み] にすることができます。

原因


ファイル レプリケーション サービス (FRS) は Windows Server 2008 R2 で非推奨となり、下位互換性のみを目的として、以降のオペレーティング システム リリースに含まれています。 Windows Server 2019 以降、新しい DC を昇格するには、DFS レプリケーション (DFSR) が SYSVOL 共有の内容をレプリケートする必要があります。 SYSVOL レプリケーションに FRS を使用しているドメインで Windows Server 2019 ベースのコンピュータを昇格しようとすると、次のエラーが発生します。

コードの欠陥のため、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 ドメイン コントローラを Windows Server 2019 にインプレース アップグレードしても、このブロックは強制されません。 その後、DFSRMIG.EXE /SetGlobalState を実行して DFSR に移行すると、アップグレードされたすべての Windows Server 2019 DC が 開始フェーズでスタックし、 準備済みフェーズまたはそれ以降のフェーズへの移行を完了できません。 したがって、DC の SYSVOL フォルダと NETLOGON フォルダは共有されなくなり、DC はドメイン内のクライアントからの場所の質問に対する応答を停止します。

解決方法


この問題には、前に指定した移行グローバル状態に応じて、いくつかの回避策があります。

準備またはリダイレクト フェーズで問題が発生する

  1. 以前に DFRSMIG /SetGlobalState 1 または DFRSMIG /SetGlobalState 2 を既に実行している場合は、ドメイン管理者として次のコマンドを実行します。
    DFRSMIG /SetGlobalState 0
  2. Active Directory のレプリケーションがドメイン全体に反映されるまで、および Windows Server 2019 DC の状態が開始フェーズに戻るのを待ちます。
  3. これらの DC で SYSVOL が共有され、FRS を使用して SYSVOL が通常どおりレプリケートされていることを確認します。
  4. そのドメインに少なくとも 1 つの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2016 DC が存在することを確認します。 次の手順ですべての Windows Server 2019 DC を降格する前に、SYSVOL 内のすべての Active Directory パーティションと SYSVOL 内のファイルが 1 つ以上のソース DC から完全にソース化され、通常どおり Active Directory をレプリケートしていることを確認します。 詳細については、Active Directory レプリケーションの問題のトラブルシューティングを参照してください。
  5. すべての Windows Server 2019 ベースの DC をメンバ サーバーに降格します。  これは一時的な手順です。
  6. 残りの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2016 DC で、SYSVOL を正常に DFSR に移行します。
  7. Windows Server 2019 ベースのメンバ サーバーを DC に昇格します。


削除フェーズで問題が発生する

FRS 削除フェーズは、DFSRMIG を使用してロールバックすることはできません。 FRS 削除が既に指定されている場合は、次のいずれかの回避策を使用できます。

オプション 1

そのドメインには、1 つ以上の Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2016 DC がまだ残っています。 次の手順ですべての Windows Server 2019 DC を降格する前に、SYSVOL 内のすべての Active Directory パーティションと SYSVOL 内のファイルが 1 つ以上のソース DC から完全にソース化され、通常どおり Active Directory をレプリケートしていることを確認します。 詳細については、Active Directory レプリケーションの問題のトラブルシューティングを参照してください。

  1. すべての Windows Server 2019 ベースの DC を降格します。  これは一時的な手順です。
  2. 残りの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2016 DC で、通常どおり SYSVOL を DFSR に移行します。
  3. Windows Server 2019 ベースのメンバ サーバーを DC に昇格します。

オプション 2

ドメイン内のすべての DC が Windows Server 2019 を実行しています。

注: この回避策の手順 6 では、少なくとも 1 つの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2016 DC の昇格が必要です。

  1. ADSIEDIT.MSC ツールで、PDC エミュレータの次の識別名の値と属性を変更します。
    CN=DFSR-GlobalSettings,CN=System,DC=<domain>,DC=<TLD>msDFSR-Flags = 0
  2. Active Directory のレプリケーションがドメイン全体に反映されるまで待ちます。
  3. すべての Windows Server 2019 DC で、DWORD の種類のレジストリ値のローカル状態0 に変更します。
    Registry Setting: Local StateRegistry Path: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DFSR\Parameters\SysVols\Migrating SysVols Registry Value: 0 Data Type: REG_DWORD 
  4. すべての Windows Server 2019 DC で、次のコマンドを実行して次のサービスを再起動します。
    net stop netlogon & net start netlogonnet stop DFSR & net start DFSR
  5. SYSVOL がこれらの DC で共有していること、および SYSVOL が FRS を使用して通常どおりレプリケートしていることを確認します。
  6. そのドメイン内の 1 つ以上の Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2016 DC を昇格させます。  次の手順ですべての Windows Server 2019 DC を降格する前に、SYSVOL 内のすべての Active Directory パーティションと SYSVOL 内のファイルが 1 つ以上のソース DC から完全にソース化され、通常どおり Active Directory をレプリケートしていることを確認します。 詳細については、Active Directory レプリケーションの問題のトラブルシューティングを参照してください。
  7. すべての Windows Server 2019 ベースの DC をメンバ サーバーに降格します。 これは一時的な手順です。
  8. 残りの Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2016 DC で、通常どおり SYSVOL を DFSR に移行します。
  9. Windows Server 2019 ベースのメンバ サーバーを DC に昇格します。
  10. オプション: 手順 6 で追加した Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2016 DC を降格させます。