Windows 10 バージョン 1809 およびこれ以降のバージョン: 外部ストレージ メディアの既定の削除ポリシーの変更

適用対象: Windows 10, version 1809

概要


Windows では、システムが USB メモリや Thunderbolt 対応の外付けドライブなどの外部ストレージ デバイスとどのように相互作用するかを制御する 2 つの主要なポリシー、クイック削除パフォーマンスの向上を定義しています。 Windows 10 バージョン 1809 以降、既定のポリシーはクイック削除です。

以前のバージョンの Windows では、既定のポリシーはパフォーマンスの向上でした。

各外部デバイスのポリシー設定は変更できます。設定したポリシーは、デバイスをいったん切断してから同じコンピューター ポートに再度接続しても有効になります。

詳細情報


ストレージ デバイス ポリシーの設定を使用して、Windows でストレージ デバイスを管理する方法をニーズに合わせて変更できます。 ポリシー設定の効果は次のとおりです。

  • クイック削除。 このポリシーは、デバイスをいつでも削除できる状態に保つ方法でストレージ操作を管理します。 ハードウェアの安全な取り外しプロセスを使用せずにデバイスを取り外すことができます。 ただし、これを行うために、Windows ではディスク書き込み操作をキャッシュできません。 システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • パフォーマンスの向上 このポリシーは、システム パフォーマンスを向上させる方法でストレージ操作を管理します。 このポリシーが有効な場合、Windows は書き込み操作を外部デバイスにキャッシュできます。 ただし、外部ドライブを取り外すには、[ハードウェアの安全な取り外し] プロセスを使用する必要があります。 ハードウェアの安全な取り外しプロセスは、すべてのキャッシュ操作が確実に終了するようにして、デバイス上のデータの整合性を保護します。

外部ストレージ デバイスのポリシーを変更するには、次の手順を実行します。

  1. コンピューターにデバイスを接続します。
  2. [スタート] ボタンを右クリックし、[エクスプローラー] を選択します。
  3. [エクスプローラー] で、デバイスに関連付けられている文字またはラベル (たとえば、[USB Drive (D:)]) を特定します。
  4. [スタート] を右クリックし、[ディスクの管理] を選択します。
  5. [ディスクの管理] ウィンドウの下のセクションで、デバイスのラベルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    [ディスクの管理] で、デバイスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [ポリシー] を選択し、使用するポリシーを選択します。
    ディスクの管理のためのポリシー オプション