FIX データベースに非アクティブのファイル グループがある場合は、SQL Server 2014、2016、2017 でセカンダリ レプリカに参加に失敗します。

適用対象: SQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 EnterpriseSQL Server 2014 Enterprise Core

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • 常に可用性グループ (AG) で Microsoft SQL Server 2014、2016、2017 を追加しようとしている非アクティブなファイル グループとデータベースがあります。
  • Prim にデータベースを追加することはレプリカと全体を復元し、ログ バックアップをセカンダリ レプリカ問題をで norecovery を指定しています。
このシナリオでは、データベースをセカンダリ レプリカ上の可用性グループに参加しようとすると、データベース <データベース名> HADR 可用性グループの設定 = <AGName>か自動を使用してセカンダリ ・ レプリカを構成するのにはシードことがわかります17207 と 5120 のエラーは、非アクティブのファイル グループ内のデータ ファイルの報告:

# # # spid 'データベース名'のデータベースを開始します。

## spid # エラー: 17207、重大度: 16、状態: 1 です。

## spid # FileMgr::StartSecondaryDataFiles: オペレーティング システム エラー 2 (システムファイルが見つかりませんを指定します。)作成またはファイルを開くときに発生しました'ファイル パス'です。診断して修正しますオペレーティング システム エラー、および操作を再実行します。

## spid # エラー: 5120、重大度: 16、状態: 5。

## spid ## 開くことができません物理ファイル"ファイルのパス"です。オペレーティング システム エラー 2: 2 (システム ファイルが見つかりません。 指定されている)」。

データベースを変更した後、セカンダリ レプリカの同期中またはリカバリではなく保留中のモードに移行するデータベースが表示されます。コマンドが実行されます。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題が SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正します。

に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


については、  用語集Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです