2017 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム 15

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)SQL Server 2017 on Linux (all editions)

2017 の SQL Server の累積的な更新プログラム パッケージ 15 (CU15) について説明します。この更新プログラムが修正2017 の SQL Server の最初のリリース以降後にリリースされたことが含まれていて、SQL Server を更新し、分析サービス コンポーネントを次のビルドにします。

コンポーネント ビルド バージョン ファイル バージョン
SQL Server 14.0.3162.1 2017.140.3162.1
Analysis Services 14.0.249.3 2017.140.249.3

 

重要な通知

次の状況に関する重要な情報も掲載しています。

  • ペース:動作の変更は、ペースの最新バージョンを使用しているディストリビューションで行われました。軽減対策の方法が用意されています。
  • クエリ ストア:ストアのクエリを使用して、SQL Server 2017 累積的な更新プログラム 2 (CU2) をインストールしていた場合、このスクリプトを実行する必要があります。
  • 可用性グループのレプリカのバックアップを優先する:バックアップ ・ ジョブの優先の可用性グループのレプリカを決定するsys.fn_hadr_backup_is_preferred_replicaを使用する場合、エラーが発生します。
  • 分析サービスの CU のビルド バージョン:2017 の SQL Server を開始して、Analysis Services のビルド バージョン番号および SQL Server データベース エンジンのビルド バージョン番号が一致しません。詳細については、ことを確認して Analysis Services の累積的なビルドのバージョンを更新するを参照してください。

累積的な更新

累積的な更新プログラム (CU) は、現在 Microsoft ダウンロード センターで入手できます。ダウンロード センターで入手できるのは、SQL Server 2017 用にリリースされた最新の CU だけです。

Https://packages.microsoft.com/に Linux 用の CU のパッケージを利用できます。

注意事項

  • 最新の CU には、インストール済みの SQL Server バージョン用として前回の CU に含められていた修正プログラムがすべて含まれます。
  • SQL Server CU は Service Pack と同じレベルに認証されるため、同じ信頼レベルでインストールする必要があります。
  • マイクロソフトは、これらのガイドラインに従って利用可能になる、CUs の継続的な事前対応型のインストールをお勧めします。
    • 過去のデータは、リリース済みの CU で既に解決されている問題が多数のサポート ケースで扱われていることを物語っています。
    • CU には、修正プログラムの他に 付加的な機能 (サポータビリティ、管理性、信頼性の更新ファイルなど) が含まれることもあります。
  • CU を実稼働環境に展開する前に CU をテストすることをお勧めします。

Windows にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


以下の更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

ダウンロード ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。メモ

  • SQL Server 2017、このとすべての将来の累積的な更新プログラムをリリース後 CUs の前は、 Microsoft Update カタログからダウンロードできます。ただし、常に最新累積的な更新プログラムが利用可能なをインストールすることをお勧めします。

Linux 用にこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法


最新の CU には、Linux を更新するには、構成されている累積的な更新のリポジトリの最初が必要です。次に、適切なプラットフォームに固有の更新プログラムのコマンドを使用して、SQL Server パッケージを更新します。

インストール手順および CU のパッケージのダウンロードへの直接リンクでは、リリース ノートを参照してください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれる追加の修正プログラム


VSTS バグ番号 サポート技術情報番号 説明 修正領域 プラットフォーム
12750851 4480652 修正: SQL ライター サービス発生する可能性が検出されないデッドロック システム DMV の VSS バックアップを実行するとき SQL エンジン Windows
12819465 4488853 修正: プル サブスクリプションを作成する SQL Server の 2016、2017 で sp_addpullsubscription_agent を実行しても 'MSrepl_agent_jobs' が存在しません。 SQL エンジン Windows
12819467 4489202 FIX] SQL Server 2016、2017年データベース内の .NET CLR のアセンブリをロードするときにエラー 10314 が発生します。 SQL エンジン Windows
12674647 4490136 FIX SQL Server 2016、2017 で sys.dm_exec_query_statistics_xml を使用する場合にアサーション エラーが発生します。 SQL パフォーマンス Windows
12819460 4490141 改善: DMV sys.dm_hadr_cluster レポートはクラウド監視クォーラムの種類「4」および SQL Server 2016、2017 で"UNKNOWN_QUORUM"の quorum_type_desc 高可用性 Windows
12723965 4490237 修正: SQL Server 2008 または 2008 R2 から SQL Server 2016 2017 への復元のバックアップに時間がかかる SQL エンジン Windows
12700741 4490478 修正: 2017 の SQL Server に接続する AD 認証が失敗した場合します。 SQL エンジン Linux
12640919 4492604 修正: SQL Server 2016、2017 で同期のすべてのレプリカでフォワーダーとセカンダリ ・ レプリカとの間の手動フェイル オーバーが失敗した場合します。 高可用性 Windows
12819475 4492880 データベースが SQL Server 2016、2017 AG から削除されたとき修正: 自動シード中のアサーションが発生します。 高可用性 Windows
12819479 4492899 FIX ファイル テーブルがデータベース レベルのディレクトリが、アクセス可能なデータベースの起動時に SQL Server の 2016、2017 SQL エンジン Windows
12644521 4493329 FIX sp_addarticle を使用してサブスクライバーで SQL Server の 2016、2017 のメモリ用に最適化されたテーブルに、トランザクション レプリケーションのアーティクルを追加すると、エラーが発生します。 SQL エンジン Windows
12819478 4493363 修正: 低い特権を持つユーザーによって実行する特別に細工したクエリは SQL Server の 2016、2017 でマスクされたデータを失う可能性があります。 SQL セキュリティ Windows
12931699 4493364 FIX 2016 の SQL Server のバックアップと 2017 ベースのコンポーネントではないし、仮想マシンをバックアップする場合、エラーが発生します。 SQL エンジン Windows
12794414 4494650 FIX: アクセス違反が発生 SQL Server 2017 に UNION ステートメントを使用してバッチ モード クエリを実行するとき SQL パフォーマンス Windows
12804071 4495683 修正: 検索の属性が機能しない」コードの名前 {}「SQL Server 2017 の表示形式に設定すると Data Quality Services (DQS) Windows
12840763 4497225 修正: クエリで SQL Server の 2016、2017 columnstore のクラスター化インデックスと rowstore の非クラスター化インデックスの両方を持つテーブルが誤った結果を返すことがあります SQL エンジン すべて
12865861 4497230 FIX データベースに非アクティブのファイル グループがある場合は、SQL Server 2014、2016、2017 でセカンダリ レプリカに参加に失敗します。 高可用性 Windows
12840765 4497701 修正: フィルターのプッシュ ダウンを間違って返すことがあります Columnstore 結果を SQL Server 2014、2016、2017 のフィルター式でオーバーフローが発生したとき SQL エンジン すべて
12831695 4498720 修正: コア ・ ダンプは、m_numLocks.load() の生成に失敗しました = 2017 の SQL Server のエラー SQL エンジン Linux
12844344 4498924 修正: SQL Server 2017 の MDS の Excel のアドインで更新した後に読み取り専用属性の灰色の背景が表示されなくなります Data Quality Services (DQS) Windows
12865874 4499231 FIX] SQL Server 2014、2016、2017 で TF 1448 と AG のフェイル オーバーを有効にするログ リーダー エージェントが失敗します。 SQL エンジン Windows
12670267 4499423 2017 の SQL Server の接続タイムアウト エラーを修正: SSIS と電源の BI レポートが失敗します。 SQL エンジン Linux
12821584 4499614 修正: 2017 の SQL Server での圧縮の Showplan.xml ファイルの破損によりアクセス違反が発生します。 SQL パフォーマンス Windows
12819474 4500327 FIX SQL Server 2016、2017 で「バッチ モードでクエリを実行すると、解放されていないスケジューラの問題が発生します。 SQL パフォーマンス Windows
12686636 4500511 CDC のサポートおよびメモリ内のデータベースには、使いやすさを向上させる改善します。 SQL エンジン すべて
12870721 4500574 修正: 自己デッドロックの 2017 の SQL Server でトランザクションの監査が有効になっている場合に発生 SQL セキュリティ すべて
12710985 4500595 FIX CDC ソースのプレビューは、2017 の SQL Server で「指定されたキーは、ディクショナリ内に存在でした」のエラーで失敗します。 Integration Services Windows
12789617 4500783 修正: テーブルのメモリの最適化の原因で SQL Server の 2017 ポイント例外を浮動を使用して、MSTVFs での実行をインターリーブします。 メモリ内 OLTP すべて
12886436 4501670 FIX CPU と query_plan_profile と query_post_execuion_plan_profile の xEvents によって報告された経過時間が不正確で SQL Server の 2017 SQL パフォーマンス すべて
12877988 4501797 修正: DAG のフォワーダーへのデータ移動後に再開しないに自動的に接続のタイムアウトでは、SQL Server 2016、2017 高可用性 Windows
12799964 4502376 修正: sqlmin でアクセス違反が発生します。SQL Server 2017 で AGHealthCompStateActual::GetData 高可用性 Linux
12745415 4502380 修正: SQL Server 2017 クラッシュ スタック オーバーフローが発生したためデータベースのマスターをディスクにバックアップしようとするとき SQL エンジン Windows
12805642 4502400 修正: 2016、2017、SQL Server を実行しないで、要求された前の行の割り当て行ごとにローカル変数の割り当てを実行する、MERGE ステートメントを使用する場合 SQL パフォーマンス すべて
12816127 4502427 FIX: アクセス違反が発生 SQL Server 2016、2017 で sys.fn_dump_dblog 関数を実行するとき SQL エンジン Windows
12768690 4502532 FIX クエリ時間がかかる場合はバッチ モード アダプティブ参加 2017 の SQL Server で有効にします。 SQL パフォーマンス Windows
12756913 4502658 FIX 2017 の SQL Server で PolyBase を再起動した後、「提供されている有効な資格」が発生します。 SQL エンジン Windows
12820675 4502659 修正: PolyBase クエリ Parquet ORC ファイル HDP 3.0 またはそれ以降を対象とする失敗し、プッシュ ダウン計算が有効になっています。 SQL エンジン Windows
12798181 4502706 修正: SQL Server で、2017 の SQL Server で「外部信号を監視するために失敗しました」とコア ・ ダンプが生成されます。 SQL エンジン すべて
12819466 4503379 修正: 参照整合性制約は評価されません正しく 2016 の SQL Server でのオペレーターの外部キー参照を確認し、2017 クエリ実行プランを使用する場合 SQL パフォーマンス Windows
12823369 4503385 修正: DAX クエリは 2017 の SQL Server のマルチ ディメンション モデルのデータベースでデータベースのサイズよりもメモリの 200 以上の時間を必要とします Analysis Services Windows
12745584 4503386 修正: パラメーター化されたクエリ デザイナーのレポート ビルダーの SSRS の DAX クエリをデザインするとき、例外が発生しました。 Analysis Services Windows
12921007 4503417 FIX 2017 の SQL Server でリンク サーバー上のビューを選択するとダンプのアサーションが発生します。 SQL パフォーマンス Windows
12812315 4505726 修正: 動的データのマスキングは正常に機能しない SQL Server 2017 で SQL セキュリティ Windows
12892302 4505820 修正: SQLCLR 関数に SQL Server 2017 の RTM より CU 14 でクエリを実行する時間がかかります SQL パフォーマンス Windows

この更新プログラムについての注記


ハイブリッド環境への展開

AlwaysOn、レプリケーション、クラスター、およびミラー化) などのハイブリッド環境に更新プログラムを展開するときは、更新プログラムを展開する前に次の資料を参照することお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージの情報


必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2017 を実行している必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

CU のパッケージの詳細


ペースの通知


大事な

動作の変更を導入する、最新利用可能なペースのパッケージの 1.1.18-11.el7を使用するすべてのディストリビューション (RHEL 7.3 と 7.4 を含む)、開始-エラーは、致命的でクラスターの設定の値がfalseの場合。この変更は、フェイル オーバーのワークフローに影響します。プライマリ レプリカで障害が発生した場合、利用可能なセカンダリ レプリカの 1 つへのフェイル オーバー クラスターが必要です。代わりに、ユーザーでは、クラスターは障害が発生したプライマリ レプリカを開始しようとすることがわかります。そのプライマリことはありませんがオンラインになった (永続的な停電などの場合) のため、クラスターしないフェールオーバー別の使用可能なセカンダリ レプリカにします。

この問題になっている cumulative u更新するバージョンに関係なく、すべての SQL Server のバージョンに影響を与えます。

問題を軽減するには、次の方法のいずれかの方法を使用します。

方法 1

次の手順を実行します。

  1. 削除の開始-エラーは、致命的で既存のクラスターから上書きします。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property unset start-failure-is-fatal         # or         pcs property set start-failure-is-fatal=true   # SLES         crm configure property start-failure-is-fatal=true
  2. クラスターの再チェックの間隔の値を小さきます。
       # RHEL, Ubuntu         pcs property set cluster-recheck-interval=<Xmin>   # SLES         crm configure property cluster-recheck-interval=<Xmin>
  3. AG リソースごとに、エラー: タイムアウトのメタ プロパティを追加します。
       # RHEL, Ubuntu         pcs resource update ag1 meta failure-timeout=60s   # SLES         crm configure edit ag1      # In the text editor, add `meta failure-timeout=60s` after any `param`s and before any `op`s
     

    注: このコードでは、必要に応じて < Xmin > の値を置き換えてください。レプリカで障害が発生した場合、クラスターは障害-タイムアウト値およびクラスターの再チェックの間隔の値がバインドされている間隔で、レプリカを再起動しようとします。たとえば、障害-タイムアウトは 60 秒に設定して、クラスターの再チェックの間隔は 120 秒に設定されて、60 秒、120 秒より小さいより大きい間隔で再起動が試行されます。60 60 秒より大きい値には、クラスターの再チェックの間隔には、障害-タイムアウトを設定することをお勧めします。クラスターの再チェックの間隔を小さい値に設定することは推奨されません。詳細については、ペースのマニュアルを参照してくださいか、システム ・ プロバイダーを参照してください。

方法 2

バージョン 1.1.16 のペースに戻ります。

    ストアのクエリ通知


    大事な

    ストアのクエリ機能を使用して、以前インストールしている場合累積的な更新プログラム 2 (CU2) (14.0.3008.27)、次の要件に適用します。

    インストールした後累積的な更新プログラム 3 (CU3) (14.0.3015.40)以降の CU、CU2 をインストールした後、ストアのクエリによって収集されたすべてのプランを削除するのには次のスクリプトすぐに実行する必要がありますか。

    SET NOCOUNT ON;DROP TABLE IF EXISTS #tmpUserDBs;SELECT [database_id], 0 AS [IsDone]INTO #tmpUserDBsFROM master.sys.databasesWHERE [database_id] > 4 AND [state] = 0 -- must be ONLINE AND is_read_only = 0 -- cannot be READ_ONLY AND [database_id] NOT IN (SELECT dr.database_id FROM sys.dm_hadr_database_replica_states dr -- Except all local Always On secondary replicas  INNER JOIN sys.dm_hadr_availability_replica_states rs ON dr.group_id = rs.group_id  INNER JOIN sys.databases d ON dr.database_id = d.database_id  WHERE rs.role = 2 -- Is Secondary   AND dr.is_local = 1   AND rs.is_local = 1)DECLARE @userDB sysname;WHILE (SELECT COUNT([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0) > 0BEGIN SELECT TOP 1 @userDB = DB_NAME([database_id]) FROM #tmpUserDBs WHERE [IsDone] = 0 -- PRINT 'Working on database ' + @userDB EXEC ('USE [' + @userDB + '];DECLARE @clearPlan bigint, @clearQry bigint;IF EXISTS (SELECT [actual_state] FROM sys.database_query_store_options WHERE [actual_state] IN (1,2))BEGIN IF EXISTS (SELECT plan_id FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27'') BEGIN  DROP TABLE IF EXISTS #tmpclearPlans;  SELECT plan_id, query_id, 0 AS [IsDone]  INTO #tmpclearPlans  FROM sys.query_store_plan WHERE engine_version = ''14.0.3008.27''  WHILE (SELECT COUNT(plan_id) FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0) > 0  BEGIN   SELECT TOP 1 @clearPlan = plan_id, @clearQry = query_id FROM #tmpclearPlans WHERE [IsDone] = 0   EXECUTE sys.sp_query_store_unforce_plan @clearQry, @clearPlan;   EXECUTE sys.sp_query_store_remove_plan @clearPlan;   UPDATE #tmpclearPlans   SET [IsDone] = 1   WHERE plan_id = @clearPlan AND query_id = @clearQry  END;  PRINT ''- Cleared possibly affected plans in database [' + @userDB + ']'' END ELSE BEGIN  PRINT ''- No affected plans in database [' + @userDB + ']'' ENDENDELSEBEGIN PRINT ''- Query Store not enabled in database [' + @userDB + ']''END')  UPDATE #tmpUserDBs  SET [IsDone] = 1  WHERE [database_id] = DB_ID(@userDB)END

    可用性グループのレプリカのバックアップを優先します。


    大事な

    次のような状況で問題が発生します。

    • Windows Server フェールオーバー クラスターでは、可用性グループを実行しています。
    • 現在のレプリカでバックアップを実行するのにかどうかを判断するのには、バックアップ ・ ジョブ内でsys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica関数を使用しています。

    このシナリオでは、関数呼び出しは失敗し、次のエラー メッセージが生成されます。

    この問題は、バックアップ自体には影響しません。したがって、 sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replicaへの呼び出しを削除することによってこの問題を解決できます。

    優先レプリカでのみのバックアップを作成する必要がある場合、は、累積的な更新プログラムの 15 を適用しないことをお勧めします。この問題は、将来のリリースで修正される予定です。