FIX] SQL Server 2014、2016、2017 で TF 1448 と AG のフェイル オーバーを有効にするログ リーダー エージェントが失敗します。

適用対象: SQL Server 2014 DeveloperSQL Server 2014 EnterpriseSQL Server 2014 Enterprise Core

現象


AG データベース可用性グループ (AG) のセットアップとトランザクション レプリケーションのパブリッシャー データベースが参加しているし、Microsoft SQL Server 2014、2016、2017 でトレース フラグ (TF) 1448 を有効にします。AG のフェイル オーバー後、ログ リーダー エージェントは次のエラーで失敗します。

プロセスで 'sp_repldone/sp_replcounters' を実行できませんでした 'ServerName\ServerInstance'。(ソース: MSSQL_REPL、エラー番号: MSSQL_REPL20011)。Repldone ログ スキャン用に指定された LSN {0018cfa2:000086f8:0003} は、レプリケートされたコミット レコードではありません。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題が SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正します。

に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


については、  用語集Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです