修正: パフォーマンスの問題し、2017 の SQL Server に接続中にタイムアウトが発生します。

適用対象: SQL Server 2017 on Linux (all editions)

現象


2017 の SQL Server を使用することと、多くの SQL Server の統合サービス (SSIS) パッケージがある、することがあります SSIS または電源の BI レポートs が t に散発的に失敗する次の接続のタイムアウト エラーは想定しています。

"_Main_XXXXX:Error: SSIS エラー コード DTS_E_OLEDBERROR。OLE DB エラーが発生しました。エラー コード: 0x80004005」。

OLE DB レコードがあります。ソース:「Microsoft SQL Server ネイティブ クライアント 11.0」Hresult: 0x80004005 の説明:「ログイン ・ タイムアウトの期限切れ」です。

OLE DB レコードがあります。ソース:「Microsoft SQL Server ネイティブ クライアント 11.0」Hresult: 0x80004005 の説明:「ログイン応答で遅延するためのログイン プロセスを完了できません」が表示されます。

OLE DB レコードがあります。ソース:「Microsoft SQL Server ネイティブ クライアント 11.0」Hresult: 0x80004005 説明:"TCP プロバイダー: タイムアウト エラー [258]."です"。

それ以外の場合、問題は、SSIS に制限はありませんか、PowerBI の報告のみです。任意のアプリケーションには、SQL Server に接続中にタイムアウトおよびパフォーマンスの問題がヒットします。

この修正プログラムは、2 つの新しい列、エラー コードop_historyを紹介します。sys.dm_os_buffer_descriptorsDMV。エラー コードの列は、エラーを表します。対象のバッファーに格納するのには最新の試行中に情報です。Op_history列は、バッファー (4 ビットの形式での運用の履歴を表します。操作当たりのビット、16 操作の合計、最後の 4 ビットを表す最新操作と時間の経過と共に左 shift キーを使用)。

注: この修正プログラムは、バッファーの作成中に表示されている特定のエラーを解決しません。ページです。エラー コードおよびバッファーでの操作に関する情報が公開するだけできるように、新しい情報では、追加のトラブルシューティングを実行できます。

根本的な原因


タイムアウトやパフォーマンスの問題は、汎用的で多くの基になる根本原因を持つことができます。この特定のケースでは、多くのエラーとデータ ファイルからデータ ページを読み取ろうとしていると、メモリ バッファー (メモリ上のデータ ページの表現) を作成するときに確認するための再試行があります。バッファーの作成エラーの根本的な原因として識別されていない明らかに、基になるエラー ・ コードは公開されないバッファーを入力するときにします。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


SQL Server の次の累積的な更新プログラムでこの問題が修正します。

に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

関連情報


Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。