修正: 自己デッドロックの 2017 の SQL Server でトランザクションの監査が有効になっている場合に発生

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)SQL Server 2017 on Linux (all editions)

現象


トランザクションの監査が有効では、SQL Server 2017 を使用することを想定しています。次のような状況を考えます。

  • TRANSACTION_GROUP有効になっているがあります。
  • データベース ユーザーは、それ自体で排他ロックを保持している操作を実行しています。たとえば、データベース ユーザーがデータベース ロールから自分自身を削除しようとします。
  • トランザクションでは、アクセス権の失敗、明示的なロールバックまたは他の問題が発生したためロールバックする必要があります。

シナリオが発生した場合、自己デッドロックが発生します。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


SQL Server の次の累積的な更新プログラムでこの問題が修正します。

に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語を参照してください。