修正: DAG のフォワーダーへのデータ移動後に再開しないに自動的に接続のタイムアウトでは、SQL Server 2016、2017

適用対象: SQL Server 2016 Service Pack 2SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 Enterprise

現象


分散可用性グループ (DAG) では、多くのデータベースがあることを前提としています (> 15) では、Microsoft SQL Server 2016、2017。場合によっては、グローバル主と、DAG のフォワーダーのインスタンスの SQL Server 間の接続のタイムアウトが発生します。接続が再確立された後、データベースのデータの移動は自動的に再開できません。さらに、次が発生する可能性があります。

  • データベースの複製が、NOT_HEALTY と NOT_SYNCHRONIZING の状態です。
  • DAG フォワーダーで last_commit_time は、接続のタイムアウトの時間と一致します。

プライマリ可用性グループのプライマリ レプリカのホストのエラー ログに記録される次のエラー メッセージを確認することもできます。

[ReplicaID] の id を持つ可用性レプリカ'ReplicaName'を以前に確立された接続でDateTime spid329s A の接続タイムアウトが発生しました。ネットワークまたはファイアウォールの問題のいずれかが存在するか、可用性レプリカが解決の役割に変化します。

'ReplicaName' 可用性レプリカ上のプライマリ データベース'データベース名'のセカンダリ データベースの日付時刻spid1538s の可用性グループに常に接続が終了しましたレプリカ id: {ReplicaID}。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。

  • 報告のほとんどの場合、分散可用性グループ内のすべてのデータベースです。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題が SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正します。

に関する SQL Server 用の累積的な更新。

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


については、  用語集Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです