ASR のエージェントまたはその他のコンポーネントではない VSS バックアップの SQL Server 2008 R2 をホストするサーバーの失敗

適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 R2

現象


次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 を使用しています。
  • コンポーネントではない SQL Server のファイルをホストしているボリュームの VSS バックアップを開始するとします。たとえば、Microsoft Azure サイトの回復エージェントを使用します。

この場合、you では、SQL Server エラー ログ バックアップの成功を報告する場合でも、SQLServerWriter エラーが発生したため、VSS バックアップが失敗することに注意してください

SQLServerWriter は、「vssadmin リスト ライター」出力には、次結果を報告します。

Writer name: 'SqlServerWriter'   Writer Id: {ID}   Writer Instance Id: {ID}   State: [11] Failed   Last error: Non-retryable error"

以前の状態またはエラーは、非常に一般的なのです。したがって、特定のシナリオを選択的に識別できるようにする、十分な情報は提供しません。この状況は、SQL Server 2008 または R2 のコンポーネントではないバックアップのコンテキストで重要なのです。

さらに、SQLServerWriter トレースは、次をレポートします。

[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqllib\ (行番号) のファイル名: FrozenDatabase::GetNextPartialInfo: VDI::GetCommand は 0x8077000e のエラーで失敗しました。[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb]終了 {データベース名:: GetNextPartialInfo}: hr: 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\ (行番号) のファイル名: CSqlWriter::PickupDifferentialInfo: CGLONCSQL01 のサーバー インスタンスのデータベースのマスターは、ファイルの情報を列挙できませんでした。 hr = 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\ (行番号) のファイル名: CSqlWriter::PickupDifferentialInfo: スロー HRESULT コード 0x8077000e。以前の HRESULT コード = 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\ のファイル名(行番号): CSqlWriter::PickupDifferentialInfo: HRESULT の例外の例外が発生しました: hr: 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb]終了 {CSqlWriter::PickupDifferentialInfo}: hr: 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\のファイル名(行番号): STDMETHODCALLTYPE CSqlWriter::OnPostSnapshot: データベース ・ サーバからファイル情報を取得できませんでした。hr = 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\のファイル名(行番号): STDMETHODCALLTYPE CSqlWriter::OnPostSnapshot: スロー HRESULT コード 0x8077000e。以前の HRESULT コード = 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb] sqlwriter.yukon\sqlwriter\ のファイル名(行番号): STDMETHODCALLTYPE CSqlWriter::OnPostSnapshot: HRESULT の例外の例外が発生しました: hr: 0x8077000e[-、0x00c390:0xbb80:0x0eba42eb]入力 {0} スナップショット:: ~ スナップショット}。

回避策


SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 の修正プログラムはありません。

Tの最初のリリース (RTM) SQL Server 2012 では、問題が修正されましたBecause SQLServerWriter は、共有コンポーネントは、共有コンポーネント置換 SQL Server 2008 の SQL Server の主要なバージョンを使用または修正を含む新しいバージョンの SQL Server 2008 R2 SQLServerWriter にアップグレードします

SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 でこの問題が発生する場合、SQL Server Express Edition など、最新の SQL Server のバージョンの無料版をインストールすることをお勧めします。(「詳細」を参照してください を使用して、オペレーティング システムのバージョンによっては正確なバージョンの).これを行うには、SQL Server Express のインストール ウィザードの [インスタンスの選択] ページの共有機能のみのアップグレードを選択します。

セットアップ

 

インスタンス

このメソッドが使用されている SQL Server のバージョンにすべての共有コンポーネントをアップグレードする、つまり、ライターの 2008 または 2008 R2 のバージョンを実行していた以前と同じ SQL Server VSS Writer サービス今すぐ実行されている SQL Server の最新のバージョン S からQL の高速です。最新のバージョンは、下位互換性です。

このメソッドを使用して、SQL Express のアップグレード版に関連する SQL Server の累積的な更新をインストールすることもできます。たとえば、SQLServerWriter を必要に応じて更新を保持する SQL Server を SQL Server の 2017 の累積的な更新をインストールする可能性があります。詳細については、次のサポート技術情報資料を参照してください。

修正: VSS バックアップ ・ アプリケーションを使用して SQL Server データベースをバックアップする SQL Server をインストールした後があります。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


  • 2016 の SQL Server と SQL Server 2017 の Express エディションを必要と以降の Windows Server 2012 または Windows 8 またはそれ以降です。
  • Windows Server 2008 または SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 と、Windows Server 2008 R2 を使用する場合は、共有コンポーネントをアップグレードするのには、Express エディションの SQL Server 2014 Service Pack 3 (SP3) を使用できます。
  • Windows server 2012 または SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 とそれ以降のバージョンを使用する場合は、共有コンポーネントをアップグレードするのには SQL Server 2017 の Express エディションを使用できます。
  • 共有コンポーネントをアップグレードする場合は、SQLServerWriter だけでなくサブのすべてのコンポーネントがアップグレードされます。の例: 統合サービス、マスター データ サービス (MDS)、SQL Server Management Studio (SSMS)、SQL Server データ ツール (SSDT)、および SQL Server オンライン ブックをアップグレードします
  • 共有コンポーネントをアップグレードして、問題を回避するに別の回避策では、「ダミー」SQL Express のインスタンスを後でメジャー バージョンをインストールします。後でメジャー バージョンの SQL Server のインスタンスをインストールするときは、同様に共有コンポーネントをアップグレードします。後で無効にするか、ダミー インスタンスをアンインストールできます。ただし、シンプルなアプローチは、共有コンポーネントをアップグレードするのには。

参照情報


Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。