AUTO_CLOSE Db を使用して SQL Server のインスタンスをホストするサーバーで、Azure のサイトの回復ジョブなどの VSS バックアップのないコンポーネントが失敗します。

適用対象: SQL Server 2017 on WindowsSQL Server 2016SQL Server 2014

現象


次のような状況で問題が発生します。

  • Microsoft SQL Server の任意のバージョンを実行しているサーバーがある場合。
  • この SQL Server のインスタンスは、自動終了オプションが設定されているデータベースをホストします。
  • コンポーネントではない VSS バックアップを実行する (を使用して、たとえば、 Azure サイト回復 (ASR) エージェント)の SQL Server をホストしているサーバーはこのボリュームに対しては、データベース ファイルです。

このような場合は、VSS バックアップは失敗し、アプリケーション ログに次のエントリをトリガーすること。

VSS ライターは、0x800423f4 のエラー イベントを拒否しました、ライターには、非一時的なエラーが発生しました。バックアップ ・ プロセスを再試行すると、エラーが再発する可能性があります。ライターは、イベントを処理中に、ライター コンポーネントに加えられた変更は要求者に利用できません。VSS ライターをホストするアプリケーションから、関連するイベントのイベント ログを確認してください。

操作:

スナップショット後のイベント

コンテキスト:

実行コンテキスト: ライター

ライター クラス Id: {ID}

ライター名: SqlServerWriter

Microsoft SQL Server のライター インスタンス名: 2012:SQLWriter

ライター インスタンス ID: {ID}

コマンドライン:""C:\Program を指定して SQL Server\90\Shared\sqlwriter.exe""

プロセス ID: xxx」

原因


SQL Server SQLWriter 現在は自動的に閉じデータベース処理正しくコンポーネントではないモードの VSS バックアップの要求のために発生します。

回避策


、短期的なリスク軽減策として、コンポーネントではない VSS バックアップを受信するサーバーでホストされているすべての SQL Server インスタンスのすべてのデータベースの自動終了のオプションを無効にすることをお勧めします。通常、SQL Server を実行する Azure の仮想マシンには、ASR のエージェントにこのようなコンポーネントではないバックアップが実行されるためが受けます。

詳細情報


  • 既定では、 AUTO_CLOSEプロパティは以外は、SQL Express のインスタンスを SQL Server で OFF に設定します。この問題によって影響を受けるサーバー上で手動でこの設定を有効にしていないことを確信する場合は、他のアプリケーションのコンポーネントとしてインストールされて自動的に SQL Server Express のインスタンスを調査します。
  • AUTO_CLOSEモードが有効になっているデータベースの一覧を取得するには、特定の SQL Server インスタンスに対して次のクエリを実行します。
select name,database_id,is_auto_close_on from sys.databases where is_auto_close_on=1
  • 設定を変更するには、TSQL のオンライン ドキュメントのオプションを設定してデータベースを変更するの AUTO_CLOSE を参照してください。        
    • このオプションをオフに切り替えるには、既定のクライアント (たとえば、"My Database"のデータベース) には、「sqlcmd.exe」で次コマンドを実行します。
      • データベース <myDatabase> セットの auto_close をオフに変更します。
    • 変更は直ちに有効にします。この変更を元に戻すには、次のコマンドを実行します。
      • データベース <myDatabase> セット auto_close を変更します。
  • GUI メソッドを使用する場合を使用して"データベースのプロパティ>オプション」でSQL Server Management Studio です。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される用語について説明します。