お子様がお使いのデバイス全体でアプリの制限を設定する

適用対象: Microsoft アカウント

お子様が特定のアプリで費やしている時間が長すぎる場合は、アプリに制限を設定することで、適切なバランスに導くことができます。アプリの制限は、Windows 10 および Xbox One デバイスと、Microsoft Launcher がインストールされている Android デバイスで利用できます。アプリに制限を設定すると、その制限はお子様のデバイスすべてに適用されます (たとえば、YouTube の使用を 3 時間許可した場合、Windows 10、Xbox One、Android で合計 3 時間使うことができます)。

アプリの制限を設定するには、family.microsoft.com に移動し、Microsoft アカウントでサインインします。次に、以下を行います。

  1. お子様の名前を見つけ、[アプリの制限] を選択します (現在のところ、アプリの制限は成人の方のアカウントでは利用できません)。
  2. 制限を設定するアプリを見つけます。制限を設定していない場合、アプリの平均使用頻度が表示されます。 
  3. お子様が 1 日にそのアプリを使うことができる時間の長さと時間帯を設定します。 

どのアプリがサポートされますか?

  • Windows 10: Microsoft Store からインストールしたほとんどのアプリまたはゲーム。
  • Xbox One: Microsoft Store のすべてのアプリ。ディスクまたは Microsoft Store からダウンロードしたすべてのゲームもサポートされます。
  • Android: インストールされているすべてのアプリまたはゲーム。

同じアプリが複数回表示されるのはなぜですか?

これは一時的な問題です。お子様が複数のプラットフォームにアプリをインストールしたために、アプリが複数回表示されることがあります。

同じアプリが 1 回だけ表示されるように修正される予定ですが、時間がかかる可能性があります。この問題が解決されるまで、短期的にはアプリごとに制限を設定することができます。