システム レジストリの 10 1803 のバージョンの Windows で起動 RegBack フォルダーにバックアップが不要になった

適用対象: Windows 10 Enterprise 2019 LTSCWindows 10 Enterprise, version 1903Windows 10 Enterprise, version 1809

概要


Windows 10、1803 のバージョンで起動する Windows されなく自動的にレジストリをバックアップ システム RegBack フォルダーにします。参照するには Windows エクスプ ローラー内の \Windows\System32\config\RegBack フォルダーに、各レジストリ ハイブでは、表示されませんが、各ファイルは、サイズが 0 kb。

Windows\System32\config\Regbak フォルダー

詳細情報


この変更仕様であり、Windows の全体的なディスクのフット プリントのサイズを減らすためです。破損したレジストリ ハイブを持つシステムをリカバリするには、システムの復元ポイントを使用することをお勧めします。

従来のバックアップの機能を使用する必要がある場合、は、次のレジストリ エントリを構成して、コンピューターを再起動して有効にできます再。

HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Configuration Manager\EnablePeriodicBackupタイプ:REG_DWORD値: 1

コンピューターが再起動したら、レジストリを Windows が RegBack フォルダーにバックアップし、それ以降のバックアップを管理するため、RegIdleBackup タスクを作成します。Windows は、スケジュールされたタスク ライブラリの Microsoft\Windows\Registry フォルダー内のタスク情報を格納します。タスクには、次のプロパティがあります。

RegIdleBackup タスクのプロパティ