Windows 10 の視線制御の基本

適用対象: Windows 10

初めて視線制御をセットアップする場合は、「Windows 10 の視線制御の概要」でヘルプ情報をご覧ください。問題が発生した場合は、「視線制御トラブルシューティング」をご覧ください。  

一般情報


視線制御を有効にする

[設定] > [簡単操作] > [操作] > [視線制御] を開き、[視線制御] オプションを有効にします。視線制御をオンにすると、画面にスタートパッドが表示されます。

視線制御スタートパッドには、スタートパッドの位置を変更するためのボタン、マウスの左右クリック ボタンをアクティブにするためのボタン、正確なマウスおよびスクロール コントロールを使用するためのボタン、視線制御キーボード、音声合成、Windows の [スタート] メニュー、およびタスク ビューを開くためのボタンが含まれます。また、アイ トラッカーを調整したり、視線制御の設定を開いたり、スタート パッドを非表示にするように視線制御を一時停止したりすることもできます。

スタートパッドを使用する

スタートパッドのボタンを選択するには、ボタンがアクティブ化するまで、そのボタンを見つめます。「見つめる」とは、画面の一部に一定時間、視線を置くことを意味します。この時間の長さは、滞留時間と呼ばれます。

スタートパッドのボタンを使用して、次の操作を行います。

  • スタートパッドを画面の上部または下部に移動します。
  • マウスの左および右ボタンを選択するためのボタンを含めて、マウス カーソルを制御します。
  • Web ページやアプリ内を移動するように、マウスのスクロール ホイールを制御します。
  • 視線制御キーボードを使用して入力します。
  • 視線制御音声合成 (TTS) を使用して、画面にテキストを入力し、読み上げます。
  • スタート画面、タスク ビュー、アイ トラッカー デバイスの調整、および視線制御の設定にすばやくアクセスします。
  • 映画の視聴時など、眼の動きでスタートパッドのボタンが誤って選択されないようにする場合は、視線制御を一時停止します。

マウスを制御する

マウスを正確に操作するには、スタートパッドで [高精度マウス] ボタンを見つめます。次に、画面上でカーソルを置く位置を見つめます。

視線制御マウスでは、マウスのカーソルの位置を細かく調整し、右クリック、左クリック、ダブル クリックすることができます。

視線制御マウスでは、マウスのカーソルの位置を細かく調整し、右クリック、左クリック、ダブルクリックすることができます。

スタートパッドの [左クリック] または [右クリック] ボタンを見つめた後、マウスを操作する画面上の位置に視線を置くことで、さらに直接的にマウスを操作することもできます。

選択後にマウス操作を取り消すには、画面の外を見てスタートパッドに戻ります。

Web ページやアプリをスクロールする

Web ページやアプリをスクロールするには、スタートパッドの [スクロール] ボタンを見つめます。次に、画面上でカーソルを置く位置を見つめます。その後、上、下、左、または右ボタンを見つめてその方向にスクロールすることができます。これらのボタンを長く見つめるほど、よりすばやくスクロールされます。

視線制御スクロール ボタンを使用すると、Web ページやアプリをすばやくスクロールできます。

選択後にスクロール操作を取り消すには、画面の外を見てスタートパッドに戻ります。

視線制御キーボードを使用して入力する

キーボードを開いて入力するには、まず、編集可能なテキスト フィールドにカーソルを移動し、スタートパッドの [キーボード]  ボタンを見つめた後、入力する文字を見つめます。

視線制御キーボードには、キーボードの位置変更や語句の削除を行うボタン、ワードフロー入力を切り替えるキー、Space キーがあります。

視線制御キーボードには、キーボードの位置変更や語句の削除を行うボタンもあります。ワードフロー入力を切り替えるキーや、Space キーもあります。

各文字を見つめていくと、テキスト候補がキーボードの上部に表示されます。選択するには、単語を見つめます。

数字や記号を入力するには、&123 キーを選択します。その他のキーを入力するには、Fn キーを入力します。

ワードフロー入力を使用する

ワードフロー入力を使用すると、テキストをすばやく入力できます。ワードフロー入力では、単語の最初の文字と最後の文字を見つめ、間の文字をさっと眺めて、最後の文字を見つめます。予測が正しくない場合は、別の予測を選択できます。

ワードフロー入力をオンにするには、スタートパッドの [視線制御の設定]  ボタンを見つめます。次に、[ワードフロー入力] スイッチを見つめてオンにします。ワードフロー入力が有効であれば、キーボードのワークフロー入力ボタンでオン/オフを切り替えることができます。

視線制御の設定を変更する

ニーズに合わせて視線制御の設定を調整することができます。設定を変更するには、スタートパッドの [視線制御の設定]  ボタンを見つめます。変更できる設定は次のとおりです。

  • 入力滞留時間。文字、数字、記号の滞留時間を設定します。
  • 一般滞留時間。ファンクション キー、次に入力する単語の予測、マウス カーソルのコントロールの滞留時間を設定します。
  • ワードフロー入力。ワードフロー入力のオンとオフを切り替えます。
  • 視線カーソル。スタートパッドなどの視線制御機能を見つめているときに、画面のどこを見ているのかを示すカーソルをオンにします。

音声合成を使用して周囲の人に話しかける


音声合成 (TTS) 機能を使用すると、コンピューターを使って話すことができます。目的の単語や文を入力してから、コンピューターを使って音声で読み上げます。

文を入力して再生する

  1. 視線制御スタートパッドで [音声合成] ボタンを見つめて TTS ウィンドウを開きます。
  2. ウィンドウの下部にあるキーボードの文字を見つめ、文を入力します。作成した文は、キーボードの上にある入力フィールドに表示されます。
  3. 文を再生するには、入力フィールドの左側にある [再生] ボタンを見つめます。 
  4. 入力した文は、後で使用できるように自動的に保存されます。前に入力した文にアクセスするには、入力フィールドの右側にある [上] または [下] ボタンを見つめます。
  5. TTS ウィンドウを閉じるには、ウィンドウの右上隅にある [X] ボタンを見つめます。

クイック フレーズの再生と編集

クイック フレーズとは、事前に決められたフレーズ ("はい" や "こんにちは" など) で、TTS ウィンドウの上部に表示されます。

クイック フレーズを使用するには、そのフレーズを見つめます。コンピューターによりすぐに、音声で読み上げられます。

クイック フレーズのコレクションを編集するには:

  1. ウィンドウの左上隅にある [編集] ボタンを見つめます。編集モードがアクティブ化され、ボタンが青色に変わります。
  2. 変更するクイック フレーズを見つめます。選択したクイック フレーズが、ウィンドウの中央にある入力フィールドに表示されます。
  3. ウィンドウの下部にあるキーボードを使用して、クイック フレーズを変更します。
  4. フレーズを読み上げた場合の音声をテストするには、入力フィールドの左側にある [再生] ボタンを見つめます。
  5. 変更を保存して編集モードを非アクティブにするには、ウィンドウの左上隅にある [編集] ボタンを見つめます。ボタンがグレー表示に変わります。

Windows 10 のメール アプリを使用した電子メールの送信と確認


電子メールを作成して送信する

アイ トラッカーを使用すると、Windows 10 のメール アプリで簡単に電子メールの作成と送信を行うことができます。 

  1. スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめ、画面の左上にある [新規メール] ボタンまたは [+] 記号に視線を置きます。右側に、メッセージ ウィンドウが表示されます。
  2. メールの受信者、件名、メッセージ本文を指定するには:
    • スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめ、テキストを入力したいフィールドに視線を置きます。
    •  テキストを入力するには、キーボードをアクティブにします。スタートパッドで、アクティブになるまで [視線制御キーボード] ボタンを見つめます。画面の下部にあるキーボードで、文字を見つめて入力します。
    • キーボードを閉じるには、画面上のキーボードの右上にある [X] を見つめます。
  3. メールを送信する準備ができたら、スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめ、画面の右上にある [送信] ボタンに視線を置きます。

メールを読んで返信する

アイ トラッカーを使用してメールを読み、返信することができます。

メッセージ一覧で下へスクロールするには:

  1. スタートパッドで、[スクロール] ボタンを見つめ、メッセージの一覧に視線を置きます。スクロール カーソルが表示されます。
  2. カーソルの上矢印または下矢印を見つめて、メッセージの一覧でその方向へスクロールします。
  3. スクロール カーソルを閉じるには、カーソルの右上にある [X] ボタンを見つめます。

メールを開くには:

  1. スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめます。
  2. 読みたいメールに視線を置きます。メールが開き、閲覧ウィンドウに表示されます。

メール内をスクロールするには:

  1. スタートパッドで、[スクロール] ボタンを見つめ、メール メッセージの本文に視線を置きます。
  2. カーソルの上矢印または下矢印を見つめて、画面をその方向へスクロールします。
  3. スクロール カーソルを閉じるには、カーソルの右上にある [X] ボタンを見つめます。

メールに返信するには:

  1. スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめます。
  2. 画面の上部にある [返信] ボタンに視線を置きます。

 

Microsoft Edge で Web を閲覧する


アイ トラッカーを使用して Web を閲覧するには:

  1. スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめ、ブラウザーのアドレス フィールドに視線を置きます。
  2. スタートパッドで、アクティブになるまで [キーボード] ボタンを見つめ、視線制御キーボードを使用して Web サイトの URL を入力します。 
  3. Web サイト内をスクロールするには:
    • スタートパッドで、[スクロール] ボタンを見つめ、Web サイトの本文に視線を置きます。スクロール カーソルが表示されます。
    • カーソルの上矢印または下矢印を見つめて、画面をその方向へスクロールします。
    • スクロール カーソルを閉じるには、カーソルの右上にある [X] ボタンを見つめます。
  4. Web サイト上のリンクをクリックするには、スタートパッドで、アクティブになるまで [左クリック] ボタンを見つめ、クリックしたいリンクに視線を置きます。

Web を閲覧するためのクイック ヒント

一部の Web サイトでは、リンクやユーザー インターフェイスがスタートパッドまたは視線制御キーボードによって部分的に隠れる可能性があります。これを解決するには、Web ページをスクロールするか、スタートパッドの [位置変更] ボタンを見つめて、画面の反対側に移動します。

Web サイト内のリンクを簡単にクリックするには、Microsoft Edge の [拡大] コマンドを使用できます。数字や特殊文字にアクセスするには、視線制御キーボードを開いて、[&123] キーを見つめます。次に、Ctrl キーを見つめてアクティブ化し、最後に + (正符号) キーを見つめて拡大します。縮小して元に戻すには、Ctrl キーを見つめてアクティブ化し、- (負符号) キーを見つめます。

入力した文字を見ることができないため、視線制御キーボードを使用して Web サイトのパスワードを入力するときは注意が必要です。詳しくは、「視線制御トラブルシューティング ガイド」をご覧ください。