Windows 展開サービスまたは System Center Configuration Manager の Preboot Execution Environment (PXE) イメージを使用して起動するデバイスが、この更新プログラムを WDS サーバーにインストールした後、"0xc0000001" エラーで起動できないことがあります

適用対象: Windows Server, version 1903Windows Server 2019, all versionsWindows Server version 1809

概要


WDS サーバーにこの更新プログラムをインストールした後に、Windows 展開サービス (WDS) または System Center Configuration Manager (SCCM) から発行された Preboot Execution Environment (PXE) イメージを使用してデバイスを起動すると、起動に失敗し、エラー "状態: 0xc0000001、情報: 要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません" というエラーで起動できないことがあります。

回避策


この問題を緩和するには、SCCM サーバー上で次の手順を実行します。

  1. 可変のウィンドウ拡張が有効なことを確認します (この設定は、Windows Server 2008 SP2 または Windows Server 2008 R2 SP1 では使用できません)。  
  2. [TFTP ブロック サイズ] の値を 4096 に、[TFTP ウィンドウ サイズ] を 1 に設定します。 これらを構成する方法のガイダンスについてはPXE 対応配布ポイント上の RamDisk TFTP ブロック サイズとウィンドウ サイズのカスタマイズ」を参照してください。

注: まず [TFTP ブロック サイズ] と [TFTP ウィンドウ サイズ] の既定値を試してください。ただし、環境と全体的な設定によっては、設定に合わせて調整する必要がある場合があります。 また、[Windows 展開サービスなしで PXE レスポンダーを有効にする] 設定を試すこともできます。 この設定の詳細については、「Configuration Manager の配布ポイントのインストールと構成」を参照してください。

SCCM を使用せずに WDS サーバー上のこの問題を緩和するには、次の手順を実行します。

  1. WDS TFTP 設定で、可変のウィンドウ拡張が有効なことを確認します  (この設定は、Windows Server 2008 SP2 または Windows Server 2008 R2 SP1 では使用できません)。
  2. インポートされたイメージのブート構成データ (BCD) で、RamDiskTFTPBlockSize を 1456 に設定します。
  3. インポートされたイメージの BCD で、RamDiskTFTPWindowSize を 4 に設定します。

注: まず RamDiskTFTPBlockSize と RamDiskTFTPWindowSize の既定値を試してください。ただし、環境と全体的な設定によっては、設定に合わせて調整する必要がある場合があります。

次の手順


この問題は、2019 年 6 月 17 日以降にリリースされた以下の最新の累積的な更新プログラム (LCU) またはマンスリー ロールアップのプレビューで解決されています。 

  • KB4512941 Windows Server Version 1903 用の LCU。 
  • KB4512534 Windows Server Version 1809 および Windows Server 2019 用の LCU。  
  • KB4512509 Windows Server Version 1803 用の LCU。  
  • KB4512494 Windows 10 Version 1709 用の LCU。 
  • KB4512495 Windows Server Version 1607 および Windows Server 2016 用の LCU。  
  • KB4512478 Windows Server 2012 R2 用のマンスリー ロールアップのプレビュー。 
  • KB4512512 Windows Server 2012 用のマンスリー ロールアップのプレビュー。  
  • KB4512514 Windows Server 2008 R2 SP1 用のマンスリー ロールアップのプレビュー。   
  • KB4512499 Windows Server 2008 SP2 用のマンスリー ロールアップのプレビュー  

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、まだ解決していないプラットフォーム向けの更新プログラムを今後のリリースで提供します。

影響を受ける更新プログラム


影響を受けるプラットフォーム用に 2019 年 6 月 12 日以降にリリースされたすべての最新の累積的な更新プログラム (LCU) またはマンスリー ロールアップで、この問題が発生することがあります。

  • KB4503293 Windows Server Version 1903 用の LCU。 
  • KB4503327 Windows Server Version 1809 および Windows Server 2019 用の LCU。  
  • KB4503286 Windows Server Version 1803 用の LCU。  
  • KB4503284 Windows 10 Version 1709 用の LCU。 
  • KB4503267 Windows Server Version 1607 および Windows Server 2016 用の LCU。  
  • KB4503276 Windows Server 2012 R2 用のマンスリー ロールアップ。 
  • KB4503285 Windows Server 2012 用のマンスリー ロールアップ。 
  • KB4503292 Windows Server 2008 R2 SP1 用のマンスリー ロールアップ。  
  • KB4503273 Windows Server 2008 SP2 用の マンスリー ロールアップ 

影響を受けるプラットフォーム用の 2019 年 6 月 12 日にリリースされた以下のセキュリティのみの更新プログラムで、この問題が発生する可能性があります。

  • KB4503290 Windows Server 2012 R2 用のセキュリティのみの更新プログラム。 
  • KB4503263 Windows Server 2012 および Windows Embedded 8 Standard 用のセキュリティのみの更新プログラム。 
  • KB4503269 Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティのみの更新プログラム 
  • KB4503287 Windows Server 2008 SP2 用のセキュリティのみの更新プログラム