[修正] データベースが SQL Server 2017 の可用性グループの一部である場合、重大度 17 のエラー 35262 が発生します。

適用対象: SQL Server 2017 Developer on WindowsSQL Server 2017 Enterprise Core on WindowsSQL Server 2017 Enterprise on Windows

現象


データベースが AlwaysOn 可用性グループ (AG) の一部である場合、重大度 17 の SQL サーバー エラー ログにエラー メッセージが表示されることがあります。
日付/時刻spid20s 常時オン: 可用性レプリカ マネージャが起動しています。これは情報メッセージのみ。ユーザーの操作は必要ありません。
日付/時刻spid7s エラー: 35262、重大度: 17、状態: 1 です。
データベースの既定の起動をスキップする日付/時刻spid7sデータベースが可用性グループに属しているため、' データベース名'(グループ ID:グループ ID)。データベースは可用性によって開始されます。グループ。これは情報メッセージのみです。ユーザーの操作は必要ありません。
注記一般に、重大度 17 のエラーは、ステートメントが原因で発生したことを示します。SQL Server のリソースが不足する (メモリ、ロック、ディスク領域など)データベース)、またはソフトウェア エラーを示します。ユーザー。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。
SQL Server の累積的な更新プログラムについて:
SQL Server の新しい累積的な更新プログラムには、すべての修正プログラムと、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


マイクロソフトがソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語について説明します。