[FIX] アサーションは、SQL Server 2017 で読み取りスケール AlwaysOn 可用性グループをフェールオーバーすると発生します。

適用対象: SQL Server 2017 on Windows (all editions)

現象


SQL Server 2017読み取りスケールAlwaysOn 可用性グループ (AG) をフェールオーバーする次のコマンドを実行すると、失敗に気付き、次のようなアサーション ダンプを受け取る場合があります。
use[master]
go
alteravailability group [ag-rds] set(
    required_synchronized_secondaries_to_commit= 1
)
go
alteravailability group [ag-rds] set (role = secondary)
アサーション ダンプ
DateTime spid## エラー: 17066、重大度: 16、状態: 1 です。
DateTime spid## SQL Server アサーション: ファイル:<HadrAvailabilityGroupReplica.cpp>行 =ライン番号失敗したアサーション ='cbDataTotal <= cb残りバッファ'。このエラーはタイミングに関連している可能性があります。場合は、ステートメントの再実行後もエラーが発生し、DBCC CHECKDB を使用して構造的完全性のためのデータベース、またはサーバを再起動してメモリ内を確保するデータ構造は破損していません。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。
SQL Server の累積的な更新プログラムについて:
SQL Server の新しい累積的な更新プログラムには、すべての修正プログラムと、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。