Windows Analytics の廃止 (2020 年 1 月 31 日)

適用対象: Windows Analytics

サポート ライフサイクルのホーム ページに戻る

公開日: 2019 年 9 月 12 日

Windows Analytics は、クラウド サービスのスイートであり、Upgrade Readiness、Update Compliance、デバイスの正常性という 3 つのソリューションで構成されています。2019 年 7 月、Desktop Analytics がパブリック プレビュー経由で、Windows Analytics の進化形として導入されました。これは、Windows の更新プログラムとアップグレードについて、情報に基づいた意思決定を行うためのツールです。  

Windows Analytics は 2020 年 1 月 31 日で廃止となり、その使命は Desktop Analytics に引き継がれます。新規ユーザーは、Desktop Analytics が一般公開された時点で、"Upgrade Readiness" および "デバイスの正常性" ソリューションにオンボードできなくなります。ただし、"Update Compliance" は、Azure portal で引き続きご利用いただけます。

対象となる Windows Analytics ユーザーは、Desktop Analytics へのオンボード用にデータ移行オプションをご利用いただけます。必要な操作は、Desktop Analytics のオンボード プロセスで既存の Windows Analytics ワークスペースを選択して、既存の管理者データを移行するオプションを選択するだけです。オンボードの手順を完了すると、既存のデータは自動的に新しい Desktop Analytics ワークスペースに移行されます。このプロセスは通常、約 24 時間未満で完了します。

現在 Windows Analytics ユーザーでない場合は、今すぐ Desktop Analytics を検討することをお勧めします。

詳しい情報については、よく寄せられる質問のページまたはこちらでご確認ください。

このページに記載された情報は、「Microsoft ポリシー免責事項と変更に関する通知に準拠します。内容が変更される場合もありますので、このサイトを定期的に参照して確認してください。