[FIX] SQL Server 2016 および 2017 でクローン データベース検証が失敗した場合にアクセス違反が発生します。

適用対象: SQL Server 2016 DeveloperSQL Server 2016 EnterpriseSQL Server 2016 Enterprise Core

現象


変更追跡が有効になっているデータベースに対して、Microsoft SQL Server 2016 または 2017 管理スタジオ (SSMS) から次のコマンドを実行するとします。データベースのクローンが正しく作成されているが、クローン・データベースの検証が失敗し、次のメッセージが返されます。さらに、アクセス違反ダンプ ファイルを受け取る場合があります。
DBCC CLONEDATABASE (AdventureWorks, AdventureWorks_clone)WITH VERIFY_CLONEDB
NO_STATISTICS および NO_QUERYSTORE オプションは、VERIFY_CLONE の一部です。
「AdventureWorks」のデータベースクローン作成は、ターゲットから始まりました。「アドベンチャーワークス_クローン」。
「アドベンチャーワークス」のデータベースクローン作成が終了しました。クローンデータベースは、「アドベンチャーワークス_クローン」。
データベース 'AdventureWorks_clone' はクローン化されたデータベースです。
データベースのクローン検証に失敗しました。
DBCC の実行が完了しました。DBCC にエラー・メッセージが出力された場合は、システムに問い合わせてください。管理者。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

解決方法


この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで修正されています。
SQL Server の累積的な更新プログラムについて:
SQL Server の新しい累積的な更新プログラムには、すべての修正プログラムと、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムが含まれています。SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。

参照情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。