Microsoft Edge の追跡防止について

適用対象: PrivacyMicrosoft EdgeEdge for Mac

 

トラッカーとは

Web サイトは、トラッカーを使って、閲覧の動作に関するデータを収集します。トラッカーは、クリックしたコンテンツなど、ユーザーによるサイトの操作方法に関するデータを収集します。また、Web サイトによっては、コメント セクション、記事をソーシャル メディアに共有するボタン、パーソナライズド広告などの機能を有効にすることもできます。

トラッカーには、複数のサイトにまたがってユーザーに関するデータを収集するものがあります。たとえば、ユーザーがお気に入りのショッピング サイトやニュース サイトに移動したことを追跡できます。Web での行動に関連した広告が表示されているように感じられることがあるのはこのためです。

追跡防止とは

新しい Microsoft Edge 

は、既知のトラッカーを検出してブロックするように設計されています。ブロックするトラッカーはユーザーが決定できます。追跡防止では、[基本][バランス][高レベル] の 3 つのレベルから選択できます。既定値として [バランス] がオンになっています。3 つのオプションはどれも、有害な可能性があるトラッカー (クリプトマイニングやフィンガープリンティングとして検出されたトラッカー) をブロックします。

基本: 有害な可能性があるトラッカーをブロックしますが、他のほとんどのトラッカーやコンテンツや広告をカスタマイズするトラッカーは許可します。
バランス (推奨): 有害な可能性があるトラッカーと、アクセスしていないサイトのトラッカーをブロックします。多くの場合、コンテンツと広告のカスタマイズは減少します。
高レベル: 有害な可能性のあるトラッカーと、サイトをまたがるほとんどのトラッカーをブロックします。多くの場合、コンテンツと広告のカスタマイズが最小限に抑えられます。このオプションを選ぶと、ほとんどのトラッカーがブロックされますが、一部の Web サイトが期待どおりに動作しない可能性があります。たとえば、ビデオが再生されなかったり、ログインできなかったりすることがあります。

追跡防止レベルの選択

  1. Microsoft Edge で、[設定など] > [設定] > [プライバシーとサービス] の順に選択します。
  2. [追跡防止][オン] に設定されていることを確認します。
  3. 適切な追跡防止のレベルを選択します。

追跡防止の例外の作成

トラッカーを防止するとプライバシーが高まりますが、必要に応じて、信頼された特定の Web サイト向けに例外を作成できます。これにより、有害な可能性があるトラッカーを含め、そのサイトのすべてのトラッカーが許可されます。

  1. Microsoft Edge で、[設定など]  > [設定]  > [プライバシーとサービス] の順に選択します。
  2. [追跡防止][オン] に設定されていることを確認します。
  3. [追跡防止] で、[例外] を選択します。
  4. [サイトの追加] を選択し、完全な URL を入力して、[追加] を選択します。

サイトから直接例外を作成することもできます。 

  1. 追跡防止の例外として追加するサイトに移動します。 
  2. アドレス バーの横にある [サイト情報の表示] を選択します。 
  3. [追跡防止] で、ドロップダウン メニューから [オフ] を選択します。

ブロックされたトラッカーの確認

追跡防止をオンにしている場合、個々のサイトでブロックされたトラッカーを確認できます。

  1. 対象のサイトに移動します。
  2. アドレス バーの横にある [サイト情報の表示] を選択します。
  3. [トラッカー] を選択し、サイトが使っているラッカーとブロックされた数を確認します。

追跡防止について詳しく知る

Microsoft Edge での追跡防止機能について詳しくは、ブログ記事をご覧ください。