Microsoft Dynamics NAV 2013 R2 のセキュリティ更新プログラムについて: 2020 年 3 月 11 日

適用対象: Dynamics NAV 2013 R2

Microsoft Dynamics NAV 2013 R2 にリモートでコードが実行される脆弱性が存在します。  データセット構造を持つ Role-Tailored Client からの呼び出しを必要とする特定の機能にアクセスできるアクセス許可を持つユーザーは、逆シリアル化によって任意のシェル コマンドを開始できます。

この脆弱性の詳細については、CVE-2020-0905 を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


Microsoft ダウンロード センター

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロード パッケージをダウンロード

詳細情報


必要条件

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Microsoft Dynamics NAV 2013 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

Visual Studio のインスタンスが使用中の場合、このセキュリティ更新プログラムの適用後にコンピューターの再起動が必要になることがあります。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報 

このセキュリティ更新プログラムを適用しても、その他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

展開方法に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開情報については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2020 年 3 月 11 日

保護とセキュリティに関する情報


オンライン環境で身を守る: Windows セキュリティ サポート

サイバー脅威を防ぐ方法の詳細: マイクロソフト セキュリティ