Microsoft Dynamics 365 9.0 用のサービス更新プログラム 0.16

適用対象: Dynamics 365

はじめに


Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0 用のセキュリティ更新プログラム 9.0.16 が提供されています。 この資料では、サービス更新プログラム 9.0.16 に含まれる修正プログラムおよび更新プログラムについて説明します。

詳細情報


更新プログラム パッケージ バージョン番号
Microsoft Dynamics CRM (オンプレミス) 9.0 用のサービス更新プログラム 0.16 9.0.16.7


組織がこの更新プログラムを適用したかどうかを判断するには、Microsoft Dynamics CRM Online のバージョン番号を確認します。 右上隅のギア アイコンをクリックし、[バージョン情報] をクリックします。

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 更新プログラム 0.16 が利用可能になりました。

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Microsoft Dynamics 365 (オンプレミス) 用更新プログラム 0.16 パッケージを今すぐダウンロード。

サービス更新プログラム 0.16 を適用すると、次の問題が解決されます。

修正の説明の末尾に (*) が付いている場合、この修復項目が複数のサービス更新プログラム リリースに組み込まれたことを示しています。

修復された機能

次の一覧に、解決策によって、機能していない Dynamics の項目が修復される問題の詳細について説明しています。

  • [見積] フォーム内の [価格指定] コントロールが既存の製品が選択されたときに既定値に戻ります。
  • ユーザーは、ケース エンティティのフレーズを使用してサポート技術情報を検索できませんでした。
  • ExportToExcel 特権を持たないユーザーが、Excel テンプレートをダウンロードするオプションを使用できました。
  • リードから選択したときに、“既存の担当地域の追加” が応答しませんでした。
  • Chrome ブラウザー上のカスタム レポートで、ヘッダーが重複して表示されていました。
  • 営業活動から新しいメールを送信するときに、間に改行が 1 つあるテキストに余分な改行が追加されていました。
  • 日本語の場合、ダッシュボードのグラフにデータが含まれていないときにエラーが表示されました。

リリース一覧に戻る