Microsoft Dynamics NAV 2015 のセキュリティ更新プログラムについて: 2020 年 4 月 15 日

適用対象: Microsoft Dynamics NAV 2015

Microsoft Dynamics Business Central/NAV オンプレミスが、レコードをグラフのページとして表示する際にマスクされたフィールドの値を正しく非表示にしない場合に、情報漏えいの脆弱性が存在します。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1018 を参照してください。   

この更新プログラムは、NAVRecordState 状態に関連する脆弱性も解決します。 この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1022 を参照してください。 

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


Microsoft ダウンロード センター

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロード パッケージをダウンロード

詳細情報


必要条件

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Microsoft Dynamics NAV 2015 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報 

このセキュリティ更新プログラムを適用しても、その他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

展開方法に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2020 年 4 月 15 日

保護とセキュリティに関する情報


オンライン環境で身を守る: Windows セキュリティ サポート

サイバー脅威を防ぐ方法の詳細: マイクロソフト セキュリティ