Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用 .NET Framework 3.5.1 のセキュリティのみの更新プログラム (KB4565579)

適用対象: .NET Framework

概要


.NET Framework が XML ファイル入力のソース マークアップをチェックできない場合に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、XML コンテンツの逆シリアル化を担当するプロセスのコンテキストで、任意のコードを実行する可能性があります。 この脆弱性を悪用するために、攻撃者は影響を受ける製品を利用して特別に細工されたドキュメントをサーバーにアップロードし、コンテンツを処理する可能性があります。 このセキュリティ更新プログラムは、.NET Framework が XML コンテンツのソース マークアップを検証する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ更新プログラムは、.NET Framework's System.Data.DataTable の種類と System.Data.DataSet の種類が XML シリアル化されたデータを読み取る方法に影響を及ぼします。 ほとんどの .NET Framework アプリケーションでは、この更新プログラムのインストール後も動作に変化は見られません。 影響を受ける可能性のあるシナリオの例を含む、この更新プログラムが .NET Framework にどう影響するのかに関する詳細については、DataTable および DataSet に関するセキュリティ ガイダンスを参照してください (https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2132227)。

脆弱性の詳細については、次の Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) を参照してください。

この更新プログラムの関連情報


以下の資料では製品バージョン別に、この更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。
  • 4566466 Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 用 .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティのみの更新プログラムについて (KB4566466)

更新プログラムの入手方法およびインストール方法


この更新プログラムをインストールする前に

必要条件:

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5.1 がインストールされている必要があります。

以下の更新プログラムをインストールし、デバイスを再起動してから、最新のロールアップをインストールする必要があります。 これらの更新プログラムをインストールすると、更新プログラム プロセスの信頼性が向上し、ロールアップをインストールして Microsoft セキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題が緩和されます。

  1. 2019 年 3 月 13 日のサービス スタック更新プログラム (SSU) (KB4490628)。 この SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。 この更新プログラムは、SHA-2 のみで署名された更新プログラムをインストールするために必要です。
  2. 2019 年 9 月 11 日にリリースされた最新の SHA-2 の更新プログラム (KB4474419)。 Windows Update を使用している場合は、最新の SHA-2 の更新プログラムが自動的に提供されます。 この更新プログラムは、SHA-2 のみで署名された更新プログラムをインストールするために必要です。 SHA-2 の更新プログラムの詳細については、「Windows および WSUS の 2019 sha-2 コード署名のサポートの要件」を参照してください。
  3. 2020 年 2 月 12 日にリリースされた拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) ライセンス準備パッケージ (KB4538483)。 ESU ライセンス準備パッケージは、WSUS から提供されます。 ESU ライセンス準備パッケージのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 使用可能 次の手順
Microsoft Update カタログ あり この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。
Windows Server Update Services (WSUS) あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1、Windows Embedded Standard 7 Service Pack 1、Windows Embedded POSReady 7

分類: セキュリティ更新プログラム

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

更新プログラムの展開に関する情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

20200714 セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2020 年 7 月 15 日

更新プログラムのアンインストール情報

注: セキュリティ更新プログラムのアンインストールはお勧めしません。 この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

更新プログラムに伴う再起動に関する情報

更新対象のファイルがロックされたり使用されていない限り、この更新プログラムを適用した後にシステムを再起動する必要はありません。

ファイル情報



ファイル情報
このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報

保護とセキュリティに関する情報