2020年8月11日 KB4571730 (月間ロールアップ)

適用対象: Windows Server 2008 Service Pack 2

機能強化および修正


このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラム KB4565536 (2020年7月14日リリース済) に同梱されていた機能強化と修正プログラムが含まれています。以下の問題も修正します:

  • 一部の .msi アプリをインストールできない問題を修正します。これは、AppData フォルダーをネットワーク フォルダーにリダイレクトするグループ ポリシーによってデバイスが管理されている場合に発生します。
  • SharePoint サイトから複数のドキュメントを開いたときに発生する Microsoft Edge IE モードの問題に対処します。
  • アンカーリンクで参照するときに発生する Microsoft Edge IE モードの問題に対処します。
  • Microsoft Edge IE モードでのブラウザー ヘルパー オブジェクトの読み込みに関する問題に対処します。
  • JScript スクリプトエンジンに依存する特定のアプリケーションが読み込みに応答しないという問題に対処します。
  • Windows App Platformおよび Frameworks、 Windows Graphics、Windows Media、Windows クラウドインフラストラクチャ、Windows Kernel、 Windows Peripherals、Windows ネットワークセキュリティおよびコンテナー、Windows ストレージおおよびファイルシステム、Windows ファイルサーバーおよびクラスタリング、Windows Hybrid ストレージサービス、Microsoft スクリプトエンジンおよびWindows SQLコンポーネントへのセキュリティ更新プログラム。

セキュリティ上の脆弱性の解決について詳しくは、セキュリティ更新プログラム ガイドをご覧ください。

この更新プログラムに関する既知の問題


現象 回避策
この更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動すると、"Windows の更新プログラムを構成できませんでした。変更を元に戻しています。コンピューターの電源を切らないでください” というエラーを受け取り、[更新履歴] に更新が "失敗" と表示される場合があります。

これは、次の状況で発生すると予想されます。

  • ESU でサポートされていないエディションを実行しているデバイスにこの更新プログラムをインストールする場合。サポートされているエディションの完全な一覧については、KB4497181 を参照してください。
  • ESU MAK アドオン キーをインストールしてアクティブ化していない場合。 

ESU キーを購入済みでこの問題が発生した場合は、すべての前提条件が適用され、キーがアクティブ化されていることを確認してください。アクティブ化の詳細については、こちらのブログ投稿をご覧ください。 前提条件については、この記事の「この更新プログラムの入手方法」セクションを参照してください。

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5) ” というエラーで失敗する場合があります。このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。
  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

Microsoft は解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法


この更新プログラムをインストールする前に

前提条件:

最新のロールアップをインストールする前に、以下の更新プログラムをインストールし、デバイスを再起動する必要があります。これらの更新プログラムをインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、ロールアップのインストール中およびマイクロソフトのセキュリティ修正プログラムの適用中の潜在的な問題が軽減されます。

  1. 2019 年 4 月 10 日のサービス スタック更新プログラム (SSU) (KB4493730)。この SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ で検索してください。 この更新プログラムは、SHA-2 のみで署名された更新プログラムをインストールするために必要です。
  2. 2019 年 10 月 9 日にリリースされた最新の SHA-2 の更新プログラム (KB4474419)。Windows Update を使用している場合は、最新の SHA-2 の更新プログラムが自動的に提供されます。この更新プログラムは、SHA-2 のみで署名された更新プログラムをインストールするために必要です。SHA-2 の更新プログラムの詳細については、WindowsとWSUSのための2019 SHA-2 コードサイニングサポートの要件をご参照ください。
  3. 2020 年 5 月 12 日の SSU (KB4555448) 以降。 この SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Updateカタログ で検索してください。 
  4. 2020 年 2 月 12 日にリリースされた拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) ライセンス準備パッケージ (KB4538484)。ESU ライセンス準備パッケージは、WSUS から提供されます。 ESU ライセンス準備パッケージのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

上記のアイテムをインストールした後は、最新のSSU (KB4572374) をインストールすることを強く推奨します。Windows Update を使用している場合は、ESU のお客様であれば、最新の SSU が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル 利用可能 次の手順
Windows Update および Microsoft Update はい ありません。ESU ユーザーの場合、この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。
Microsoft Update カタログ はい この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。
Windows Server Update Services (WSUS) はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:  Windows Server 2008 Service Pack 2

分類:セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4571730 のファイル情報をダウンロードしてください。