Windows 10 の予定表で拡大鏡を使う

適用対象: Windows 10

[拡大鏡を有効にします]


キーボードを使用して

Press the Windowsロゴキー を押しながら、 Plus sign (+)を押します。拡大鏡をオフにするには、Windowsロゴキー を押しながらEscキーを押します。

マウスまたはタッチを使用する

スタート  > 設定  > 簡単操作 > 拡大鏡 > 拡大鏡を有効にするの順番に選択します。

 

予定表に最適な拡大鏡表示は?


拡大鏡は、全画面表示、レンズ、または固定の 3 つのビューで使用することができます。

  • 全画面表示では、画面全体が拡大されます。拡大された状態では、一度に画面全体を見ることはできません。でも移動しながら、画面の部分を見ることができます。
  • レンズビューでは、拡大鏡を画面上で移動させることができます。[レンズ] ビューは、予定表サイドバーの月の選択など、インターフェイスの小さな部分のみを一時的に拡大する必要がある場合に最適です。
  • 固定表示では、拡大鏡は画面の端に固定された別の固定領域で動作します。画面上を移動すると、それに合わせて画面の一部が固定領域内に拡大して表示されます。ただし、画面の主要部分は変わりません。固定されたビューを使用すると、予定表全体を見やすく表示することができます。同時に長いテキスト行を読むことができるし、拡大鏡で予定表の週全体を確認することができます。

既定では、拡大鏡は全画面表示で起動します。

拡大鏡の表示を切り替える


ビューを変更するには、 以下のキーボードショートカットのどれか一つを使用します:

  • 全画面表示ビューに変更するには、Ctrl + Alt + Fを同時に押します。
  • [レンズ] ビューに切り替えるには、Ctrl + Alt + L キーを同時に押します。
  • 固定 ビューに変更するには、Ctrl + Alt + Dを同時に押します。
 

拡大鏡を使用して予定表内を移動する


ユーザーにとって便利な拡大鏡の表示を使用して、予定表内を移動できます。下のヒントを見て、予定表のメインの地域を移動する方法と、拡大鏡で予定表を簡単に使用できるようにする方法をご確認ください。

予定表を開くと、現在の月が開いているメインビューが表示されます。

  • ナビゲーションウィンドウが画面の左側に表示されます。ここでは、新しい予定表イベントを作成したり、別の予定表にアクセスしたり、アカウント情報やアプリの設定を行ったり、メールに切り替えたりすることができます。キーボードのみを使用してナビゲーションウィンドウ内を移動するには、TabキーShift を押しながら Tabを押すか、またはUp または下方向キーを押します。
  • ナビゲーションウィンドウの右側にある予定表ビューのには、日、週、月、または年のイベントとイベントのある日にちが表示されます。キーボードのみを使って予定表の日付またはイベントを参照するには、方向 キーを押します。予定表ビューを参照するときに、フルビューの使用を検討してください。

スクリーンリーダー とキーボードを使用して、予定表内を移動する方法についての詳細は、スクリーンリーダーを使用して予定表内を探索し移動する. をご覧ください。

 
 
 

ナビゲーションウィンドウを展開する、または折りたたむ


予定表ビューに追加のスペースを追加して、拡大鏡を使用して予定表を簡単に移動して作業できるようにするには、ナビゲーションウィンドウを最小化します。

  • マウスやタッチジェスチャを使用している場合は、  ([展開/折りたたみ]) を選択して、ナビゲーションウィンドウを展開するか、折りたたみます。
  • ナレーターとキーボードを使用している場合に、ナビゲーションウィンドウを最小化するには、"ナビゲーション、ボタン展開済み、ツールヒント、折りたたみ" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enterキーを押します。ウィンドウを展開するには、"ナビゲーション、ボタンが折りたたまれています、ヒント、展開" と読み上げられるまで Tab キー を押し、Enterキーを押します。