Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 8

適用対象: Exchange Server 2019

Microsoft Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 8 は、2020 年 12 月 16 日にリリースされました。これには、セキュリティ以外の問題の修正と、以前にリリースされたセキュリティおよびセキュリティ以外の問題のすべての修正プログラムが含まれています。      これらの修正プログラムは、Exchange Server 2019 の今後の累積的な更新プログラムにも含まれます。この更新プログラムにより、脆弱性も解決されます。Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2020-17117CVE-2020-17132CVE-2020-17141CVE-2020-17142CVE-2020-17143 を参照してください。          

この更新プログラムには、Exchange Server 2019 用の新しい夏時間 (DST) の更新プログラムも含まれています。 DST の詳細については、「Daylight Saving Time Help and Support Center」(英語情報) を参照してください。  

この累積的な更新プログラムの既知の問題


  • マルチドメイン Active Directory フォレストで、Exchange が Setup で /PrepareDomain オプションを使用して以前にインストールされたか準備されたことがある場合は、この累積的な更新プログラムに対する /PrepareAD コマンドが完了し、変更がすべてのドメインにレプリケートされた後に、このアクションを完了する必要があります。初回のサーバーインストール時に、Setup により、/PrepareAD コマンドの実行が試行されます。  Setup を開始したユーザーに適切なアクセス許可がある場合にのみ、インストールは完了します。 
    • マルチドメインでの /PrepareDomain の操作:

      /PrepareDomain 操作は、/PrepareAD が実行された Active Directory ドメインで自動的に実行されます。  ただし、フォレスト内の他のドメインを更新できない可能性があります。 このため、ドメイン管理者はフォレスト内の他のドメイン内で /PrepareDomain を実行する必要があります。
    • アクセス許可に関する質問:

      /PrepareAD は Setup でトリガーされるため、Setup を開始するユーザーが Schema Admins でも Enterprise Admins のメンバーでもない場合、準備チェックは失敗し、次のエラー メッセージを受け取ります。
       

      エラー 1:


      エラー 2:

  • 自動検出イベント ID 1 は、Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 3 をインストールした後に発生します。   詳細については、KB 4532190 を参照してください。 

この累積的な更新プログラムで修正される問題


この累積的な更新プログラムを適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題も修正されます。

  • 4588297 Outlook Web App から添付ファイルをダウンロードまたはプレビューできない 
  • 4583531 インライン画像に関するデザイン変更は強制的にダウンロードされるが、Exchange Server 2019 および 2016 の OWA の新しいタブで開くことができない 
  • 4583532 Exchange Server 2019 および 2016 の AuthServer のドメイン名が原因で、ELC MRM のアーカイブが失敗する 
  • 4583533 Exchange Server 2019 および 2016 のインストールが "ユーザーは十分なアクセス権を持っていません" というエラーで失敗する  
  • 4583534 Exchange Server 2019 または 2016 のアプリケーション ログのイベント ID 65535 System.Runtime.Serialization エラー 
  • 4583535 New-Moverequest、Resume-Moverequest、および Remove-Moverequest が Exchange Server 2019 および 2016 の監査ログに記録されない 
  • 4583536 Exchange Server 2019 および 2016 の Mail Recipient Creation に Set-MailboxFolderPermission が含まれる 
  • 4583537 Exchange Server 2019 および 2016 の韓国語のワード ブレーカーを更新する 
  • 4583538 Microsoft Teams の REST 呼び出しにより Exchange Server 2019 および 2016 の maxQueryStringLength の既定値を超える 
  • 4583539 Exchange Server 2019 および 2016 の Outlook のメッセージ本文に改行なしスペースが表示される 
  • 4583542 Exchange Server 2019 の場合、Outlook でサーバー支援検索を実行しても 175 件を超える項目が返されない 
  • 4583544 Exchange Server 2019 の DC 上で FE MAPI w3wp に対する多くの LDAP 要求によって DDoS が発生する 
  • 4583545 Exchange Server 2019 および 2016 で Authserver の DomainName に複数値を持つパラメーターを設定する 
  • 4593465 Microsoft Exchange Server 2019 および 2016 のセキュリティ更新プログラムについて: 2020 年 12 月 9 日

Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 8 の入手


ボリューム ライセンス センター

Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 8 を入手するには、Microsoft ボリューム ライセンス センターにアクセスしてください。 

注: 累積的な更新プログラム 8 パッケージを使用して、Exchange Server 2019 を新規インストールするか、既存の Exchange Server 2019 インストールを累積的な更新プログラム 8 にアップグレードすることができます。    

累積的な更新プログラムの情報


必要条件

この累積的な更新プログラムには、Microsoft .NET Framework 4.8 が必要です。

Exchange Server 内で使用されているコンポーネントには、新しい Visual C++ コンポーネントが Exchange Server と共にインストールされている必要があります。 この必要コンポーネントは、Visual Studio 2012 の Visual C++ 再頒布可能パッケージでダウンロードできます。   

Exchange Server 2019 のセットアップの前提条件の詳細については、Exchange Server 2019 の前提条件を参照してください。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後、コンピュータの再起動が必要な場合があります。

レジストリ情報

この累積を適用した後に、レジストリを変更する必要はありません

アンインストール情報

この累積的な更新プログラム パッケージをインストールした後に、パッケージをアンインストールして、以前のバージョンの Exchange Server 2019 に戻すことはできません。 この累積的な更新プログラム パッケージをアンインストールすると、Exchange Server 2019 はサーバーから削除されます。 

ファイル情報


ファイル ハッシュ情報

ファイル名 SHA1 ハッシュ SHA256 ハッシュ
ExchangeServer2019-x64-cu8.iso E9B06E81F67A68107ECDA43467EBA1C1263D62EB 1586B7504467E477845A141E85A1C4637EEFAF15FF6B3F362C25FB044712A897

詳細情報


Exchange Server 2019 の展開の詳細については、Exchange Server 2019 のリリース ノートを参照してください。

Exchange Server 2019 と以前のバージョンの Exchange Server が同じ環境内での共存する場合の詳細については、Exchange Server 2019 のシステム要件を参照してください。 

他の Exchange の更新プログラムの詳細については、「Exchange Server 更新プログラム: ビルド番号とリリース日」を参照してください。

関連情報


マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。