仮想サーバー移行ツールキットを使用するための HOWTO のガイドライン

作成者:

Guilherme Whitaker Carnevale MVP

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者は、適合性、信頼性、またはここに含まれる関連のグラフィックス、情報の正確性に関する表明を行いません。このような情報および関連グラフィックスはすべてで提供されて"は、いかなる種類の保証なし。マイクロソフトおよびその各供給者ものではありませんすべての保証および条件に関しては、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証、商品性、特定目的、不侵害、タイトル、および非侵害の適合性の条件を含みます。 具体的に同意するものと、いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者を負いません起因するか、いずれかの方法は、[接続を使用すると、直接、間接、懲罰、付随的損害、特別な間接的ないかなる損害について損害の使用、データまたは利益の損失、損害などのまたは記載されている情報および関連グラフィックスが含まれているを使用することができません。、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはマイクロソフトまたはその供給者が持っている場合でもが損害の可能性を知らされていた場合は、かどうか。

概要

この資料では、仮想サーバー移行ツールキットを使用するための手順があります。これからは、マイクロソフトの Virtual Server 2005 を使用して、仮想マシンに、実際「システム」を移行できます。

詳細情報

仮想サーバーの移行の Toolkit を使用するには、次のコンポーネントをインストールする必要があります。
   -  
DHCP サービスの構成
   
サポート対象のゲスト OS:
• サービスと Windows NT 4.0 サーバーは、標準とエンタープライズ エディションの 6a でパック (SP)
• SP 4 またはそれ以降の Windows 2000 サーバー
• Windows 2000 高度なサーバー SP 4 またはそれ以降
• Windows Server 2003 Standard Edition、Enterprise Edition
  
仮想サーバー移行ツールキットを入手できます。
 
Step1 :
Microsoft 仮想サーバー 2005 をインストールします。
 
Step2 :
同じまたは別のインストールの自動展開サービスは、次の Virtual Server 2005 を加工します。
 
Step3 :
仮想サーバーの移行の Toolkit をインストールします。
 
Step4 :
DHCP サーバーの同じコンピューター上に広告をインストールする場合は、このコマンドを使用して広告を構成する必要があります。
           C:\Program Files\Microsoft ADS\bin\ADSdhcpconfig.wsf /add
 
手順 5:
VSMT のインストールのサンプル ディレクトリに、Virtual Server 2005 で VM0 ネットワークの定義を作成するのには、CreateVirtualNetwork.vbs スクリプトを実行します。
 
VSMT のインストール ・ ディレクトリには、すべての実行可能ファイル下です。
手順 6:
コマンドを実行しますは、移行するコンピューターに gatherhw.exe、このコマンドには、VSMT; で使用される 1 つの XML が生成されます。VSMT ディレクトリにファイルを送信します。
 
手順 7:
コマンドを実行: VMScript.exe/hwvalidate/hwinfofile: < ゲスト サーバー > .xml、これにより、[ハードウェアの互換性について。
 
かどうかいくつかの非互換性が検出された時点でこの残念なことを続行できません。
 
手順 8:
コマンドを実行します。
vmscript/hwGenerateP2V/hwInfoFile: < GuestMachine > .xml/name: < VirtualMachineName >/vmConfigPath: <、VSMT ディレクトリ > \vmconfig
   /virtualDiskPath:d:\vmdisk /hwDestVS:<YourVSMcahine> /virtualDiskDynamic /vmMemory:256
 
手順 9:
この時点ですべてのスクリプトが生成され、移行プロセスを始めることができます。ゲスト マシンでは、PXE ブートのサポートをあるネットワーク カードのない場合は、ブートを実行する 1 つの RIS ディスクを生成する場合は、チェックを作成する必要があります。
VSMT サーバーで、コマンドを起動します。
C:\ < VMST ディレクトリ > \p2v\ < GuestMachine > \ < GuestMachine > _Capture.cmd
PXE を使用してゲスト マシンを再起動します。
 
広告には、キャプチャ プロセスが完了、サーバーはゲスト マシンをシャット ダウンします。

手順 10:
この手順では、Virtual Server 2005 のマシンの構成ファイルを作成します。
C:\ < VSMT ディレクトリ > \p2v\ < GuestMachinet > \ < GuestMachine > _CreateVM.cmd
 
手順 11:
この手順は、仮想マシンをパワーオン、広告に接続し、手順 9 で作成したイメージを展開します。
C:\ < VSMT ディレクトリ > \p2v\ < GuestMachine > \ < GuestMachine > _DeployVM.cmd
 
この手順では、移行が完了したら後、は、「実際のマシン」仮想化があります。
 
いくつかのエラーが発生した場合は、推奨される移行プロセスを再起動コマンドを使用します。
C:\ < VSMT ディレクトリ > \p2v\ < GuestMachine > \ < GuestMachine > _cleanupVM.cmd、このコマンドと手順 9 を実行します。
 
参照を追加します。
 
VSMT のホワイト ペーパー

 
VSMT のよく寄せられる質問

 
 
プロパティ

文書番号:555306 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Microsoft Virtual PC 2004

フィードバック