[Howto]: グループ ポリシーを使って、CD-ROM、フロッピー ディスクと ls-120、USB ドライバーを無効にするには

作成者:

Simon Geary の MVP

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者は、適合性、信頼性、またはここに含まれる関連のグラフィックス、情報の正確性に関する表明を行いません。このような情報および関連グラフィックスはすべてで提供されて"は、いかなる種類の保証なし。マイクロソフトおよびその各供給者ものではありませんすべての保証および条件に関しては、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証、商品性、特定目的、不侵害、タイトル、および非侵害の適合性の条件を含みます。 具体的に同意するものと、いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者を負いません起因するか、いずれかの方法は、[接続を使用すると、直接、間接、懲罰、付随的損害、特別な間接的ないかなる損害について損害の使用、データまたは利益の損失、損害などのまたは記載されている情報および関連グラフィックスが含まれているを使用することができません。、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはマイクロソフトまたはその供給者が持っている場合でもが損害の可能性を知らされていた場合は、かどうか。

現象

既定では、グループ ポリシーは簡単に USB ポート、CD-ROM ドライブ、フロッピー ディスク ドライブおよび大容量 ls-120 フロッピー ディスク ドライブなどのリムーバブル メディアを含むドライブを無効にする機能を提供していません。ただし、グループ ポリシーは、ADM テンプレートを適用することによってカスタマイズされた設定を使用する拡張できます。この資料内の ADM テンプレートでは使用できないことを確認、これらのデバイスのそれぞれのドライバーを無効にできます。

解決策

.Adm ファイルをグループ ポリシーに管理用テンプレートをインポートします。これを行う方法がわからない場合は、[詳細情報] セクションのリンクを参照してください。
 
クラスのマシン
カテゴリ!カテゴリ
カテゴリ![区分名]
ポリシー!policynameusb
キー名"SYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR"
について説明します。explaintextusb
パーツ!DROPDOWNLIST に必要な labeltextusb
 
[開始] の値名
ITEMLIST
名!既定の無効な値の数値 3
名!有効な値の数値 4
終了 ITEMLIST
最後の部分
最後のポリシー
ポリシー!policynamecd
キー名"SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdrom"
について説明します。explaintextcd
パーツ!DROPDOWNLIST に必要な labeltextcd
 
[開始] の値名
ITEMLIST
名!既定の無効な値は数値の 1
名!有効な値の数値 4
終了 ITEMLIST
最後の部分
最後のポリシー
ポリシー!policynameflpy
キー名"SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Flpydisk"
について説明します。explaintextflpy
パーツ!DROPDOWNLIST に必要な labeltextflpy
 
[開始] の値名
ITEMLIST
名!既定の無効な値の数値 3
名!有効な値の数値 4
終了 ITEMLIST
最後の部分
最後のポリシー
ポリシー!policynamels120
キー名"SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Sfloppy"
について説明します。explaintextls120
パーツ!labeltextls120 DROPDOWNLIST の必要な
 
[開始] の値名
ITEMLIST
名!既定の無効な値の数値 3
名!有効な値の数値 4
終了 ITEMLIST
最後の部分
最後のポリシー
端] カテゴリ
端] カテゴリ
 
[strings] セクション
カテゴリ = [カスタム ポリシーの設定]
[区分名] [ドライブを制限する」=
policynameusb =「無効にする USB」
policynamecd =「CD-ROM を無効にする」
policynameflpy =「フロッピーを無効にする」
policynamels120 を無効にする高容量フロッピー」=
explaintextusb「usbstor.sys ドライバーを無効にすると、コンピューターの USB ポートを無効に」=
explaintextcd「cdrom.sys ドライバーを無効にすると、コンピューターの CD-ROM ドライブを無効に」=
explaintextflpy「flpydisk.sys ドライバーを無効にして、コンピューターのフロッピー ドライブを無効に」=
explaintextls120「sfloppy.sys ドライバーを無効にして、高容量フロッピー ディスク ドライブのコンピューターを無効に」=
labeltextusb ="無効にする USB ポート
labeltextcd [CD-ROM ドライブの無効にする] を =
labeltextflpy を無効にするフロッピー ディスク ドライブ」=
labeltextls120「高容量のフロッピー ドライブを無効にする」=
Enabled="Enabled"
Disabled="Disabled"

詳細情報

管理用テンプレート ファイルを適用する方法については、ここから上のテンプレートを使用して、' を使用して管理用テンプレート ファイルとレジストリ ベースのグループ ポリシー ' マイクロソフトのホワイト ペーパーをダウンロードする方法の指示を含みます。
 

 
このテンプレートは、純粋なポリシーではなく、基本設定とみなされ、その設定を使用してクライアント コンピューターのレジストリが tattoo されます。このテンプレートはそれを適用するグループ ポリシーの適用範囲外に移動する場合は、レジストリの変更が表示されません。このテンプレートの設定を逆にする場合は、ドライバーを再度有効にするオプションを逆にたどります。
 
プリファレンスの設定はグループ ポリシー エディターで、テンプレートの既定では表示されません。このテンプレートを適用する場合を表示する設定を可能にする表示設定を変更するのには、次の手順に従います。
 

プロパティ

文書番号:555324 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems

フィードバック