リムーバブル記憶域デバイスが Windows XP SP2 のインストール後に認識されません。

作成者:

Raghu Boddu MVP

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者は、適合性、信頼性、またはここに含まれる関連のグラフィックス、情報の正確性に関する表明を行いません。このような情報および関連グラフィックスはすべてで提供されて"は、いかなる種類の保証なし。マイクロソフトおよびその各供給者ものではありませんすべての保証および条件に関しては、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証、商品性、特定目的、不侵害、タイトル、および非侵害の適合性の条件を含みます。 具体的に同意するものと、いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者を負いません起因するか、いずれかの方法は、[接続を使用すると、直接、間接、懲罰、付随的損害、特別な間接的ないかなる損害について損害の使用、データまたは利益の損失、損害などのまたは記載されている情報および関連グラフィックスが含まれているを使用することができません。、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはマイクロソフトまたはその供給者が持っている場合でもが損害の可能性を知らされていた場合は、かどうか。

概要

Windows XP コンピューターでは、お使いの PC に接続するリムーバブル記憶域デバイスを認識しない場合がします。ただし、他の USB デバイスは、通常動作可能性があります。

原因

これは懸案事項、および Service Pack 2 で追加されたセキュリティ機能です。Microsoft Windows XP sp2 がインストールされているコンピューターにリムーバブル メディア デバイスを接続して、MS Kbase の次の資料に記載されているソリューションでは問題が解決しない場合があります。
 

解決策

ここで、メモリ ・ スティックなど、USB ブロックのストレージ ・ デバイスへの書き込み操作は、Windows XP SP 2 に新機能が追加されました。このオプションを有効にすると、デバイスは読み取り専用デバイスとしてのみ機能します。このオプションを有効にするには、次のレジストリ エントリを変更します。
 
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\
 
「StorageDevicePolicies」をダブルクリックし、、[DWord 値を 1 に変更します。
 
0 - 無効
1-有効になっています。
プロパティ

文書番号:555443 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Service Pack 2

フィードバック