アセンブリのバージョンおよびアセンブリのファイル バージョンを使用する方法

作成者:

Vikas Goyal MVP

コミュニティ ソリューション コンテンツの免責事項

マイクロソフト コーポレーションおよびその各供給者は、適合性、信頼性、またはここに含まれる関連のグラフィックス、情報の正確性に関する表明を行いません。このような情報および関連グラフィックスはすべてで提供されて"は、いかなる種類の保証なし。マイクロソフトおよびその各供給者ものではありませんすべての保証および条件に関しては、この情報および関連グラフィックス、黙示の保証、商品性、特定目的、不侵害、タイトル、および非侵害の適合性の条件を含みます。 具体的に同意するものと、いかなる場合においてマイクロソフトおよびその供給者を負いません起因するか、いずれかの方法は、[接続を使用すると、直接、間接、懲罰、付随的損害、特別な間接的ないかなる損害について損害の使用、データまたは利益の損失、損害などのまたは記載されている情報および関連グラフィックスが含まれているを使用することができません。、契約、不法行為、過失、厳格責任に基づいてまたはマイクロソフトまたはその供給者が持っている場合でもが損害の可能性を知らされていた場合は、かどうか。

概要

AssemblyInfo.cs には、2 つの異なる種類のバージョンを設定するのには 2 つの属性が用意されています。このヒントは、これら 2 つの属性を使用する方法を示します。

ヒント

.NET framework は、アセンブリごとにバージョン番号の 2 つのさまざまな種類を設定する機会を提供します。
 
アセンブリのバージョン: これは、ビルド中に、実行時に、検索、リンク、およびアセンブリをロードするためにフレームワークによって使用されるバージョン番号。プロジェクトの任意のアセンブリへの参照を追加するときは、埋め込みを取得するこのバージョン番号。実行時に CLR をロードするのにはこのバージョン番号を持つアセンブリを探します。ですが、このバージョンの名前のため、場合にのみアセンブリ厳密な名前署名された公開キー トークン、およびカルチャ情報に注意してください。アセンブリされていない厳密な名前署名、読み込み中のファイル名だけが使用されます。
 
アセンブリ ファイルのバージョン: これは、ファイル ・ システムのようにファイルに指定されたバージョン番号です。Windows エクスプ ローラーで表示されます。そのことはありませんを参照するための .NET framework またはランタイムによって使用されます。
 
AssemblyInfo.cs 内の属性
アセンブリのバージョン情報は、次の 4 つの値で構成されます。
//
メジャー バージョン
マイナー バージョン
ビルド番号
リビジョン
//
[アセンブリ: AssemblyVersion("1.0.0.0")]
[アセンブリ: AssemblyFileVersion("1.0.0.0")]
 
提供する (*) 番号により、絶対の代わりにコンパイラの増加数 1 つずつビルドするたびに。
 
アプリケーション アセンブリをビルド中に、多くの開発者によって使用される、プロジェクトのフレームワーク アセンブリを構築するいると仮定します。アセンブリの新しいバージョンのリリースを非常に頻繁に、毎日 1 回と言ってという名前のアセンブリが厳密な場合、開発者は、新しいアセンブリを解放するたびに参照を変更する必要があります。これは非常に面倒なことができもその間違った参照する可能性があります。A はこのような閉じられたグループの改善オプションを選択し、揮発性のシナリオは彼に'アセンブリのバージョン'を修正し、変更するだけだろう、 'のアセンブリ ファイルのバージョン' です。アセンブリの最新のリリースを通信するためにアセンブリ ファイルのバージョン番号を使用します。この例では、開発者が参照を変更する必要がないと、アセンブリ参照のパスを単純に上書きすることができます。アセンブリ バージョンを変更するビルドのほうが効果的に中央/最終版のリリースでは、ほとんど '' アセンブリのファイル バージョンを保持するアセンブリのバージョンと同じです。
プロパティ

文書番号:556041 - 最終更新日: 2017/02/15 - リビジョン: 1

Microsoft Visual Studio 2005

フィードバック