NTBackup を実行してシステム状態データを復元すると、デバイス マネージャでネットワーク アダプタがなくなるか間違った名前になる

現象

NTBackup ユーティリティ (Ntbackup.exe) を実行してシステム状態データを完全に復元すると、デバイス マネージャでネットワーク アダプタがなくなるか間違った名前になることがあります。復元操作を実行する前には存在しなかった新しいワイド エリア ネットワーク (WAN) ミニポート (レイヤ 2 トンネリング プロトコル [L2TP]) が存在するようになることもあります。さらに、デバイス マネージャに現れた新しいアダプタを削除して、なくなったアダプタを再インストールすることができない場合があります。

原因

この問題は、プラグ アンド プレイ データベースの一部のみが復元されるために発生します。そのため、プラグ アンド プレイ データベースは矛盾した状態になります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 810161 (最終更新日 2003-02-07) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:810161 - 最終更新日: 2006/03/24 - リビジョン: 1

フィードバック