[OL2002] メールを送信する前に受信メール サーバーにログオンする方法

概要

この資料では、メールを送信する前に受信メール サーバーにログオンする方法について説明しています。

詳細

使用するインターネット サービス プロバイダ (ISP) によっては、メールを送信する前に受信メール サーバー (POP3) にログオンする必要があります。この機能を POP before SMTP と呼ぶ場合があります。受信メール サーバー (POP3) にログオンしない状態でメールを送信すると、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。
タスク '****' はエラー (0x800CCC0F) を報告しました。 サーバーへの接続が中断されました。この問題が引き続き起こる場合は、サーバー管理者かインターネット サービス プロバイダ (ISP) に連絡してください。
または
タスク '****' はエラー (0x800CCC78) を報告しました。メッセージを送信できません。アカウントのプロパティで電子メール アドレスが正しいことを確認してください。

メールを送信する前に受信サーバーにログオンするには、以下の手順で設定を行います。
  1. Outlook 2002 を起動します。
  2. [ツール] メニューの [電子メール アカウント] をクリックします。
  3. [既存の電子メール アカウントの表示と変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. 一覧で目的の POP3 電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。
  5. [詳細設定] をクリックし、[送信サーバー] タブをクリックします。
  6. [メールを送信する前に受信メール サーバーにログオンする] をクリックして、[OK] をクリックします。
  7. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

関連情報

Outlook Plus! の 「メール簡単設定」 ウィザードでは、この設定を行うことができません。詳細は、以下のサポート技術情報を参照してください。
418894 [OL2002] Outlook Plus で Pop before SMTP の設定ができない
プロパティ

文書番号:813037 - 最終更新日: 2003/06/17 - リビジョン: 1

フィードバック