[ACC2002] 排他モードで開いている mdb を共有で開くとエラーが発生する

概要

この資料は、他のユーザーが既に排他モードで開いている MDB ファイルを共有モードで開くと、エラーが発生する現象について説明しています。

現象

他のユーザーが既に排他モードで開いている MDB ファイルを共有モードで開くと、以下のエラーが発生する場合があります。
実行時エラー '3024':
ファイル '<ファイル名>' が見つかりませんでした。
補足 : この現象についての正しいエラー メッセージは次になります。
実行時エラー '3045':
'<ファイル名>' は既に使用されているので、使用できませんでした。

原因

この現象は、Access で MDB ファイルを開く際のファイル名の処理に問題があり、ファイル名に 2 バイト文字が含まれ、かつその文字に対する Shift-JIS コードに 0x61 から 0x7A が含まれているために発生します。

状況

この現象は弊社にて Access の問題として確認しています。 詳細がわかりしだい、サポート技術情報でお知らせする予定です。

回避策

この現象に対する有効な回避策はありません。MDB ファイル名に文字コードの 0x61 から 0x7A を含まない名前に変更してください。

詳細

再現手順

  1. 文字コードの 0x61 から 0x7A を含む名前で新規に MDB ファイルを作成し、C ドライブの直下に保存して Access を閉じます。

    例: C:\確.mdb
  2. 再度、Access を起動し、[ファイル] メニューから [開く] をクリックします。
  3. 「ファイルを開く」 ダイアログ ボックスで、手順 1. で作成した MDB ファイルを選択し、[開く] ボタンの右にある下矢印のボタンをクリックして、"排他モードで開く" をクリックします。
  4. 次に、今までの手順で開いた MDB ファイルはそのままにした状態で、新たに Access を起動します。
  5. 新たに起動した Access にて、[ファイル] メニューから [開く] をクリックします。
  6. 「ファイルを開く」 ダイアログ ボックスで、手順 1. で作成した MDB ファイルを選択し、[開く] ボタンをクリックします。

結果

以下のエラー メッセージが表示されます。
ファイル '<ファイル名>' が見つかりませんでした。
プロパティ

文書番号:813632 - 最終更新日: 2004/12/28 - リビジョン: 1

フィードバック