Windows Server 2003 で DNS サーバーをインストールして構成する方法

適用対象: Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition (32-bit x86)Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition (32-bit x86)Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition (32-bit x86)

概要


この資料では、Windows Server 2003 コンピュータに DNS をインストールして構成する方法について説明します。

先頭に戻る

準備する

DNS の構成を開始する前に、いくつかの基本的な情報を収集する必要があります。インターネット上で使用する場合、ここで使用する情報の一部については Internic の承認が必要ですが、内部利用のみを目的としてこのサーバーを構成する場合は、使用する名前と IP アドレスを独自に決めることができます。

以下の情報を入手する必要があります。
  • (Internic によって承認された) ドメイン名
  • 名前解決を行う各サーバーの IP アドレスとホスト名
: サーバーには、メール サーバー、パブリック アクセス サーバー、FTP サーバー、WWW サーバーなどがあります。

コンピューターを DNS として構成する前に、以下の条件を満たしていることを確認します。
  • オペレーティング システムが適切に構成されていること。Windows Server 2003 ファミリの DNS サービスは、オペレーティング システムと TCP/IP などのサービスが適切に構成されているかどうかに依存します。Windows Server 2003 オペレーティング システムを新規インストールした場合は、既定のサービス設定を使用できます。追加の操作を行う必要はありません。
  • 利用可能なディスク領域をすべて割り当てていること。
  • 既存のすべてのディスク ボリュームで NTFS ファイル システムを使用していること。FAT32 ボリュームはセキュリティで保護されず、ファイルおよびフォルダーの圧縮、ディスク クォータ、ファイルの暗号化、および個々のファイルのアクセス許可をサポートしていません。
先頭に戻る

DNS をインストールする

  1. 以下の手順に従って、Windows コンポーネント ウィザードを起動します。
    1. [スタート] ボタンをクリックして [コントロール パネル] をポイントし、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
    2. [Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  2. [コンポーネント] の [ネットワーク サービス] をクリックして、[詳細] をクリックします。
  3. [ネットワーク サービスのサブコンポーネント] の [ドメイン ネーム システム (DNS)] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  4. ダイアログ ボックスが表示された場合、[コピー元] ボックスに配布ファイルの完全なパスを入力して、[OK] をクリックします。
先頭に戻る

DNS の構成

  1. サーバーの構成ウィザードを起動します。起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[管理ツール] の順にポイントして、[サーバーの構成ウィザード] をクリックします。
  2. [サーバーの役割] ページの [DNS サーバー] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. [選択内容の概要] ページで、選択したオプションを表示して確認します。このページには、以下の項目が表示されます。
    • DNS サーバーをインストールします
    • DNS サーバーの構成ウィザードを実行し、DNS を構成します
    [選択内容の概要] ページにこれら 2 つの項目が表示された場合は、[次へ] をクリックします。[選択内容の概要] ページにこれら 2 つの項目が表示されない場合は、[戻る] をクリックして [サーバーの役割] ページに戻り、[DNS サーバー] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  4. サーバーの構成ウィザードは、DNS サービスをインストールする際に、このサーバーの IP アドレスが静的であるか、または自動的に構成されるかを最初に判定します。サーバーが IP アドレスを自動的に取得するように構成されている場合、Windows コンポーネント ウィザードの [コンポーネントの構成] ページに、静的 IP アドレスを使用してこのサーバーを構成するかどうかを確認する画面が表示されます。静的 IP アドレスを設定するには、以下の手順を実行します。
    1. [ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスの [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックして、[プロパティ] をクリックします。
    2. [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ] ダイアログ ボックスの [次の IP アドレスを使う] をクリックし、このサーバーの静的 IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイを入力します。
    3. [次の DNS サーバーのアドレスを使う] ボックスに、このサーバーの IP アドレスを入力します。
    4. [代替 DNS サーバー] ボックスに、別の内部 DNS サーバーの IP アドレスを入力するか、このボックスは空白のままにしておきます。
    5. DNS の静的アドレスの設定が終了したら、[OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  5. [閉じる] をクリックすると、DNS サーバーの構成ウィザードが起動します。ウィザードでは、以下の手順を実行します。
    1. [構成動作の選択] ページの [前方参照ゾーンを作成する (小規模ネットワークに推奨)] をクリックして、[次へ] をクリックします。
    2. この DNS でネットワーク リソース用の DNS リソース レコードを含む DNS ゾーンをホストするように指定するには、[プライマリ サーバーの場所] ページの [このサーバーがゾーンを保守する] をクリックして、[次へ] をクリックします。
    3. [ゾーン名] ページの [ゾーン名] で、ネットワークの DNS ゾーンの名前を指定して、[次へ] をクリックします。規模の小さい組織や支店では、ゾーン名は DNS ドメインの名前と同じです。
    4. [動的更新] ページの [非セキュリティ保護およびセキュリティ保護の両方による動的更新を許可する] をクリックして、[次へ] をクリックします。これによって、ネットワークのリソース用の DNS リソース レコードが自動的に更新されます。
    5. [フォワーダ] ページの [はい 次の IP アドレスの DNS サーバーにクエリを転送します] をクリックして、[次へ] をクリックします。この構成を選択すると、ネットワーク外部の DNS 名に関するすべての DNS クエリが ISP の DNS または中央の事業所の DNS に転送されます。ISP の DNS または中央の事業所の DNS サーバーが使用する 1 つ以上の IP アドレスを入力します。
    6. DNS サーバーの構成ウィザードの [DNS サーバーの構成ウィザードの完了] ページでは、[戻る] をクリックして設定を変更できます。選択内容を適用するには、[完了] をクリックします。
DNS サーバーの構成ウィザードを完了すると、サーバーの構成ウィザードに [このサーバーは DNS サーバーになりました] ページが表示されます。サーバーの構成ウィザードでサーバーに加えたすべての変更を確認したり、新しい役割が適切にインストールされたことを確認したりするには、[サーバーの構成ログ] をクリックします。サーバーの構成ウィザードのログは、%systemroot%\Debug\Configure Your Server.log にあります。サーバーの構成ウィザードを閉じるには、[完了] をクリックします。


先頭に戻る

関連情報


関連情報を参照するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ヘルプとサポート] をクリックして、[ヘルプとサポート センター] で DNS サーバーを検索してください。

先頭に戻る