Web アプリケーション ストレス ツールを使用して ASP.NET Web サービスをテストする方法。


概要


この資料では、WAS ツールを使用して ASP.NET Web サービスをテストする方法について説明します。WAS ツールは、Web サーバー上の人為的な負荷を生成します。WAS ツールの目的は次のとおりです。
  • 応答性の測定
  • スケーラビリティをテストします。
  • パフォーマンスをチューニングします。
WAS ツールは、Web ブラウザーを使用して複数のユーザーからの要求をシミュレートします。ASP.NET Web サービスは、Web ブラウザーで使用するためのものではありません、中に ASP.NET Web サービスはブラウザー用のページを生成します。したがって、WAS ツールを使用して ASP.NET Web サービスをテストできます。WAS ツールを使用して Web サービス要求をシミュレートするには、次の手順を実行します。

先頭に戻る

Web サービス要求をシミュレートします。

Microsoft Internet Explorer を使用して Web サービスのHTTP GET要求をシミュレートするには、次の手順を実行します。

  1. Internet Explorerを起動します。の
    アドレスフィールドに、サービス (.asmx) ファイルの Web に URL を入力します。


    URL でMyWebServiceという名前の .asmx ファイルにWebServiceTestという Web サービスを識別できる必要がありますなど
    http://サーバー名/WebServiceTest/MyWebService.asmx。この URL を入力し、[移動] をクリックします。
  2. ASP.NET Web サービスでは、Web サービスで使用できる方法について説明しているブラウザーに適したページを生成します。メソッドに要求を発行する] をクリックします。
  3. Web サービスでは、選択したメソッドの詳細については、別のブラウザーに適したページを生成します。サンプルの要求を表示し、すべての利用可能な Web サービス プロトコルの応答までスクロールします。
  4. ページの上部には、要求されたパラメーターを入力します。パラメーターを要求していない場合、この手順をスキップします。
  5. Web サービスにHTTP GET要求を発行するための呼び出しをクリックします。

    Internet Explorer では、新しいウィンドウが開き、要求を発行します。Web サービスは、Internet Explorer によって表示されている XML ファイルを返すことによって応答します。ブラウザーのアドレス バーに表示される URL に注意してください。URL のホスト名の後に表示されるパスは、Web サービスを識別し、Web サービスに渡されるすべてのパラメーターが含まれています。
先頭に戻る

Web サービス用の Web アプリケーション ストレス (WAS) ツールを構成します。

ASP.NET Web サービスは、ブラウザーと通信できるため、これは ASP.NET Web サービス要求を発行するため、WAS ツールを使用できます。

Web サービス メソッドをシミュレートする WAS スクリプトを作成するには、次の手順を実行します。
  1. WAS ツールでは、WAS の新しいデータベースを作成します。
  2. [スクリプト] メニューには、新しいスクリプトを作成するに作成] をポイントし、[手動] をクリックします。


    新しい、空白のスクリプトが作成されます。
  3. 右側のウィンドウで、 [サーバー ] フィールド内の ASP.NET サーバーのホスト名を入力します。

    この名前は、Web サービスをホストしている ASP.NET サーバーのホスト名です。
  4. スクリプト グリッドで、新しいグリッド項目を作成します。これを行うには、最初の空白行に動詞のドロップダウン リスト ボックスからの取得を選択します。
  5. パス] テキスト ボックスで、Web サービスへの絶対パスを入力します。Http://プレフィックスまたはホスト名、パスを含めないでください。

    たとえば、web 要求を発行するサービスが付いたWebServiceTestMyWebServiceHelloWorld、および第 3 の値を持つパラメーターを 1 つのサイクルという名前のメソッドの名前は、.asmx ファイルをパス入力します。
    /WebServiceTest/MyWebService.asmx/HelloWorld?cycles=3.
  6. 手順 4 とその他の Web サービス要求を追加するのには 5 の手順を繰り返します。

    設定を調整する必要があります。
  7. [スクリプト] メニューで、次のようにクリックします。
    実行します。
  8. スクリプトが完了したら、[表示] メニューで、結果を表示するレポートをクリックします。
先頭に戻る

関連情報


アプリケーションの展開に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
818015する方法: チューニングし、.NET Framework で構築されたアプリケーションのパフォーマンスを拡張
先頭に戻る