ASP.NET アプリケーションの構成を編集するには、方法

概要

この資料では、作成する方法、および Web.config ファイルを編集する方法について説明します。Web.config ファイルは、ASP.NET アプリケーションの動作を定義します。、ASP.NET では、を含む、.NET Framework は、アプリケーションを構成するのに .config の XML 形式のテキスト ファイルを使用します。これは、従来の従来のレジストリおよびメタベースの構成メカニズムです。現在はない Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインまたはその他の Microsoft 提供の管理ツールを作成するための .config ファイルを変更します。

先頭に戻る

構成の設定を Web.config ファイルに追加します。

ほとんどの ASP.NET アプリケーションは、メモ帳などの任意のテキスト エディターで編集可能なあらかじめ作成されている Web.config ファイルと付属します。一般に、Web.config ファイルには、説明ファイルを編集するコメントが含まれます。ただし、項目定義の構成を持っていないを Web.config ファイルに構成項目を追加する必要があります。Web.config ファイルには、標準的な構成アイテムを追加するには、次の手順を実行します。
  1. Machine.config ファイルをメモ帳などのテキスト エディターで開きます。

    Machine.config ファイルは %SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework\%VersionNumber%\CONFIG\ ディレクトリに配置します。
  2. Machine.config ファイルでは、Web.config ファイルで無効にする構成の設定を探します。要素に複数の行がある場合に、要素が始まり、
    < element_name >行で終わります
    </element_name >。要素を選択し、自己終了もありますようになっています< element_name attribute1 =「オプション」attribute2 =「オプション」/>。空白文字は無視されますに注意してください。したがって、要素は複数行にまたがることがあります。要素は、コメントが付くことがあります。コメントに含まれています。
    <!---> およびのマーキングです。次の< トレース >の構成要素の例は、自己終了要素の例です。< トレース >の構成要素の例は、複数の属性を持つ、複数行にまたがるし、先頭のコメントには。
    <!--trace Attributes:
    enabled="[true|false]" - Enable application tracing
    localOnly="[true|false]" - View trace results from localhost only
    pageOutput="[true|false]" - Display trace ouput on individual pages
    requestLimit="[number]" - Number of trace results available in trace.axd
    traceMode="[SortByTime|SortByCategory]" - Sorts trace result displays based on Time or Category
    -->
    <trace
    enabled="false"
    localOnly="true"
    pageOutput="false"
    requestLimit="10"
    traceMode="SortByTime"
    />
  3. 全体の構成要素と、先頭にコメントをクリップボードにコピーします。
  4. Machine.config ファイルの要素が入れ子にする方法を決定します。

    Machine.config ファイルでは、階層、およびその他の要素の構成要素が入れ子になっています。Machine.config ファイルから構成要素を Web.config ファイルにコピーするときからそれをコピーしたのと同じ要素では、その構成要素を入れ子にする必要があります。構成要素内の Machine.config ファイルの要素を決定するには、スクロールを Machine.config ファイルに閉じられていません、開かれている要素が見つかるまで。コンテナー要素は、小さいインデントを上位レベルの要素があるために、識別が容易です。

    < System.web >要素には、ASP.NET 構成のほとんどの項目が含まれています。(</System.web >) の要素の最後は、構成要素の後に配置しなければなりません。

    構成要素が含まれている要素に注意してください。Web.config ファイル内の同じ要素では、その要素を貼り付ける必要があります。複数の要素では、構成要素を入れ子にする可能性があります。Web.config ファイルでは、上位レベルのすべての要素を作成してください。
  5. Machine.config ファイルを閉じるし、を開くには、ASP.NET アプリケーションのルート ディレクトリに Web.config ファイルをテキスト エディターを使用します。
  6. 手順 4 で特定した要素の先頭との間の構成要素を貼り付けます。

    たとえば、 < system.web >要素には、構成項目が含まれて、 </system.web >の行を終了する前に< system.web >要素の開始行の直後に、構成項目を貼り付け 必要があります。
  7. そのアプリケーションの Machine.config の設定を無効にする Web.config ファイル内の構成要素を変更します。

    この設定は、Web.config ファイルとすべてのサブフォルダーを含むフォルダーに適用されます。

先頭に戻る

関連情報

詳細については、次の記事番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
815179 ASP.NET アプリケーションの Web.config ファイルの作成方法
.NET Framework に組み込まれているアプリケーションを配置するには、方法を818016

ASP.NET の構成、および ASP.NET 構成ファイルの形式の詳細については、.NET Framework SDK ドキュメントを参照してくださいか、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa719558(VS.71).aspx

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ackhksh7(vs.71).aspx

先頭に戻る
プロパティ

文書番号:815178 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック