Windows Server 2003 でファイアウォール クライアントと Web プロキシ クライアントの自動検出を構成する方法

Microsoft Windows 2000 については、次の資料を参照してください。309814

概要

この資料では、Microsoft Internet Security and Acceleration (ISA) Server における、ファイアウォール クライアントおよび Web プロキシ クライアントの自動検出のサポートについて説明します。クライアントは、ISA Server コンピュータの IP アドレスまたはコンピュータ名を使用して手動で構成できます。ただし、モバイル ユーザーは、このアドレスを使用できない可能性があります。自動検出は、Web プロキシ クライアントおよびファイアウォール クライアントで ISA Server コンピュータのアドレスを自動的に見つけることができる機能です。この機能を使用すると、モバイル ユーザーは、手動で指定しなくても、適切な ISA Server コンピュータに接続できます。詳細については、マイクロソフト Web サイトを参照してください。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

260210 [ISA] Winsock プロキシ自動検出のサポートについて
296591 自動検出機能について
284690 [ISA] ファイアウォールクライアントで [ISA Server を自動的に検出する] オプションが使用できない
プロパティ

文書番号:816320 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック