Office 2003 または Office 2007 をインストールすると Photo Editor が削除される

現象

Microsoft Office 2007 または Microsoft Office 2003 をインストールすると、コンピュータにインストールされていた既存の Microsoft Office XP の標準コンポーネントが、セットアップ プログラムによりすべて削除されます。削除されるコンポーネントには、Microsoft Photo Editor プログラムが含まれます。

原因

Office 2007 および Office 2003 では、Photo Editor は写真の編集やリスト作成を行うための新しいプログラム、Microsoft Office Picture Manager に置き換えられました。

回避策

この問題を回避するには、Photo Editor を再インストールします。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Office XP CD-ROM をコンピュータの CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに挿入します。

  2. Office XP セットアップ プログラムが自動的に起動しない場合、以下の手順を実行します。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    2. [名前] ボックスに drive:\Setup.exe と入力します。drive には、CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブのドライブ文字を指定します。

  3. セットアップ処理を開始し、実行するセットアップの種類で、[カスタム] を選択します。

  4. [インストールするアプリケーション] で、セットアップ ツリーの各ノードを [インストールしない] に設定します。

  5. [インストールするアプリケーション] の下の [Office ツール] を展開します。

  6. [Microsoft Photo Editor] をクリックし、[マイ コンピュータから実行] をクリックします。

  7. [完了] をクリックします。

  8. Office XP のセットアップが正常に完了したら、[OK] をクリックします。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号:817095 - 最終更新日: 2011/05/17 - リビジョン: 1

フィードバック