定期的な WAN トラフィックを最小限に抑えるための設定

概要

この資料では、レジストリ設定と定期的なワイド エリア ネットワーク (WAN) トラフィックおよび統合デジタル サービス通信網 (ISDN) コストに影響するグループ ポリシー設定について説明します。ダイヤル オンデマンド リンクがある場合は、定期的な WAN トラフィックが予期せず有効可能性があります。システムのコンポーネントおよび定期的な WAN トラフィックを最小化し、ISDN のコストを削減するサービスを構成できます。

現象

コンピューターの次の条件に該当する場合は、アイドル中に、ダイヤル オンデマンド リンクをアクティブにします。
  • リモート ネットワーク上の Microsoft Windows 2000 Professional ベースのコンピューターまたは Microsoft Windows XP ベースのコンピューターを使用しています。
  • コンピューターは、次のドメインのいずれかのメンバーです。
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Windows 2000
    • Microsoft Windows Server 2003
  • オン デマンド ダイヤル リンクを介して、ドメイン コント ローラーに接続しています。

解決策

次のセクションには、レジストリ設定を追加したり、WAN のトラフィックを最小限にするを変更するグループ ポリシー設定の包括的な概要が含まれています。設定の一部は、コンピューターを実行しているオペレーティング システムのバージョンによって異なります。

パート 1: 関連するレジストリ設定の説明。

次のレジストリ設定は、WAN トラフィックと ISDN のコストに影響します。定期的な WAN トラフィックを最小化して、ISDN のコストを削減するには、必要に応じてこれらの設定を構成します。

ブラウザー サービスのレジストリ設定

ドメイン マスター ブラウザーの周期性
注: この設定は、Windows Server 2008 にも適用されます。

説明: プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) は、ドメイン マスター ブラウザーでは常にします。したがって、ドメインの PDC をホストしていないネットワーク上のマスター ブラウザーはマスター ブラウザーとして参加しているサーバーが、PDC を検索しようとしています。、ダイヤル オンデマンド リンクがアクティブにします。既定では、試行の間隔は 5 分間は。ドメイン マスター ブラウザーとの連絡をその既定の間隔を調整するのには、ブラウザー サービスに指示する MasterPeriodicity レジストリ エントリを作成することができます。既定では、MasterPeriodicity エントリは表示されません。ダイヤル ・ オン ・ デマンドの展開の推奨される既定値は、86,400 秒 (1 日) です。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters
エントリ: MasterPeriodicity
種類: DWORD
推奨値 (秒): 86400
サーバ リストの保守
注: この設定は、Windows Server 2008 にも適用されます。

説明: ブラウザーとして参加し、そのネットワークのマスター ブラウザーとして選択される可能性のあるサーバーを有効にした場合、サーバーは定期的に PDC にアクセス、ドメインのです。既定では、MaintainServerList レジストリ エントリは、自動に設定されます。推奨値は No しない限り、ネットワーク上のブラウザーの機能をする必要があります。ブラウザーの機能が必要な場合は、この値を [はい] に設定します。ただし、PDC の連絡先の数を減らすために十分に長い間隔を MasterPeriodicity 間隔を構成することを確認してください。

サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters
エントリ: MaintainServerList
型: 文字列
既定値: 自動
推奨値: なし

SAM のレプリケーションのレジストリ設定

セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のレプリケーションは、PDC 上の Net Logon サービスによって制御されます。

パルス周波数
説明: パルスのエントリは、典型的なパルス周波数を定義します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters
エントリ: パルス
種類: DWORD
既定値 (秒): 300

推奨値: 172800 を 60 (48 時間)
最小値と最大値: Windows Server 2003 では、最小値は 60 です。最大値は、172800 です。
最大パルス周波数
説明: PulseMaximum エントリは、最大脈拍の頻度を定義します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters
エントリ: PulseMaximum
種類: DWORD
推奨値 (秒): 172800 を 60 (48 時間)

ダイヤルアップの遅延時間のレジストリ設定

予想されるダイヤルアップの遅延
説明: ExpectedDialupDelay エントリは、ダイアル アップ ルーターにメッセージを送信、クライアント コンピューターからドメインに低速リンクとのダイヤルに必要な時間を指定します。このシナリオでは、クライアント コンピューターがドメインが信頼されています。通常、Net Logon サービスでは、ドメイン コント ローラーを簡単に到達できること前提としています。ExpectedDialupDelay エントリを設定することにより、さらに遅延を期待するのには Net Logon サービスを通知します。この設定の推奨値は、ダイヤル ・ オン ・ デマンドへのリンクが確立され、必要な秒単位の平均時間との差異の 5 秒間の定数です。

サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: ExpectedDialupDelay
種類: DWORD
推奨値 (秒): 90

Net Logon サービスのレジストリ設定

AvoidPdcOnWan エントリ
説明: AvoidPdcOnWan のエントリは、PDC 操作マスターの役割をできる限りすることを防ぐするのには Net Logon サービスが実行されているサーバーを指示します。(操作マスターの役割とも呼ばれるフレキシブル シングル マスター操作または FSMO)。AvoidPdcOnWan エントリには、他のコンポーネントなど、SAM では、この情報を使用するもよう指示します。たとえば、リモート サイトにドメイン コント ローラーでこのエントリが有効であると仮定します。このシナリオでは、リモート ドメイン コント ローラーいないしようと、ローカル ドメイン コント ローラーとクライアントが認証されない場合は、PDC 操作マスターの役割のパスワードを確認します。

サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: AvoidPdcOnWan
種類: DWORD
推奨値: 1 (有効)
Windows 2000 Service Pack 2 で以降の Windows 2000 service pack で、Windows XP と Windows Server 2003 で、ディレクトリ サービス クライアントのクエリには 1 時間ごとに 1 回、発行されます。1 時間を超えた場合は、このクエリ時間を延長するのには次のレジストリ エントリを調整することができます。
負のキャッシュ期間
説明: NegativeCachePeriod エントリは、クライアントは、ドメインのドメイン コント ローラーが見つかりませんを記憶する時間を指定します。プログラムでは、この時間内にもう一度開こうとすると、クライアントによる呼び出しはすぐにドメイン コント ローラーをもう一度検索しようとせず失敗します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: NegativeCachePeriod
種類: DWORD
既定値 (秒): 45
推奨値: 84600
背景再試行初期期間
説明: 一部のプログラムは、ドメイン コント ローラーを検索するのには定期的にしてください。ドメイン コント ローラーがない場合は、これらの定期的な再試行がダイヤル オンデマンドのシナリオではコストがかかるできます。BackgroundRetryInitialPeriod エントリは、最初の再試行が行われる前に、経過時間の最小量を定義します。NegativeCachePeriod エントリで設定した値より小さい値の場合、NegativeCachePeriod 値が使用されます。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: BackgroundRetryInitialPeriod
種類: DWORD
推奨値 (秒): 84600
背景再試行バックオフ時間
説明: 再試行がオフにバックアップされる最大間隔を定義する BackgroundRetryMaximumPeriod エントリです。たとえば、10 分後の最初の再試行の場合は、20 分後に 2 つ目の再試行になり、30 分後、次の再試行になります。これは、BackgroundRetryMaximumPeriod エントリの値に達するまで続行されます。後、BackgroundRetryQuitTime エントリの値に到達するまで再試行間隔の BackgroundRetryBackoffPeriod 値を使用します。

サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: BackgroundRetryMaximumPeriod
種類: DWORD
推奨値 (秒): 84600 秒
背景の再試行の終了時刻
説明: プログラムは、ドメイン コント ローラーの定期的な検索を実行し、ドメイン コント ローラーを見つけることができません、ときにこのエントリに設定されている値を指定の再試行が不要になったこと。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
エントリ: BackgroundRetryQuitTime
種類: DWORD
推奨値 (秒): 600
これらのパラメーターの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

265395 Windows 2000 でメンバーの探索 15 分ごとを使用して実行可能な高のダイヤル オンデマンド回線コスト

DFS のレジストリ設定

DFS でのドメイン コント ローラー クエリの頻度
説明: DfsDcNameDelay のエントリは、分散ファイル システム (DFS) のドメイン コント ローラー クエリの頻度を減らすことができます。クライアント コンピューターにこのエントリを変更します。

サブキー:します
エントリ: DfsDcNameDelay

種類: DWORD

Windows Server 2003 および Windows 2000 の既定値 (分): 15
Window XP ベースのコンピューターの既定値はグループ ポリシー設定を使用して 60 分に設定します。この設定は、DFS クライアントがドメイン コント ローラーを検出する頻度を決定します。



Windows XP ベースのクライアント コンピューターは、DFS 探索の間隔の更新プログラムを動的に検索します。DfsDcNameDelay の有効範囲は、15 分から 360 分です。再起動は、新しい設定を有効にするために必要ではありません。



DfsDcNameDelay パラメーターの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

291377ポリシーは、Windows XP クライアントが DFS 照会の頻度を制御するには

注: マイクロソフトのサポート技術情報の記事 291377 は DFS の数を削減していないに記載されている手順は、次のレジストリ キーを追加した後、Windows XP ベースのコンピューターの問題を照会します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\System\DFSClient\DfsDcNameDelay
この問題を解決するには、Windows XP 用の最新の service pack を入手します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
322389 Windows XP service pack の入手方法
829104 の修正プログラムをインストールすることによって Windows XP の問題を解決できます。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
829104 DFS クライアントが DfsDcNameDelay レジストリ キーの設定を無視します。

DFS での PDC のクエリの実行頻度
ドメイン ベースの DFS ルートを持つすべての DFS サーバーは、PDC のルート オブジェクトに変更をポーリングします。DFS ルート サーバーまたはサーバー上の SyncIntervalInSeconds レジストリ エントリを設定することにより当たりますの間隔を制御できます。このエントリを設定することにより、DFS にキャッシュされたデータに基づく参照が返されるときを制御できます。この値を大きく場合、DFS はより長期間の名前空間と参照をキャッシュします。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DFS
エントリ: SyncIntervalInSeconds

種類: DWORD

既定値 (秒): 3600 (1 時間)
パスワードの有効期間
説明: システムがローカル コンピューターのコンピューター アカウントのパスワードを変更する頻度を指定します。このエントリは、設定した間隔で自動的にコンピューターのパスワードを変更するのには、システムが構成されている場合にのみ使用されます。つまり、DisablePasswordChange エントリの値が 0 である場合にのみ、このエントリが使用されます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters のエントリ: MaximumPasswordAgeの種類: DWORD
既定値 (10 進数、日数): 7 で Windows NT の場合)、30 (Windows 2000/XP/2003)
推奨範囲: 42 ~ 70
MaximumPasswordAge エントリの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

ドメイン コンピューター アカウントのレプリケーションの175468の効果

サイト内のドメイン コント ローラー レプリケーション
説明:"レプリケーター一時停止を通知する (秒) を変更した後"のエントリは、ドメイン コント ローラーが Active Directory ディレクトリ サービスのローカル コピーに変更を書き込むし、ドメイン コント ローラーのレプリケーションの前にパートナーが変更の通知後に遅延を定義します。この間隔が経過すると、ドメイン コント ローラーは、各サイト内レプリケーション パートナーに変更の存在を伝達する必要があります通知を開始します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
エントリ:」レプリケーター一時停止の通知後 (秒) を変更」
種類: DWORD

既定値 (秒): 300 (5 分)

知識整合性チェッカー (KCC) の複製トポロジの更新間隔
説明:"Repl トポロジ更新間隔 (秒)] の値は、間隔の秒数を定義します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
エントリ:「Repl トポロジ更新間隔 (秒)」
種類: DWORD

既定値 (秒): 900 (15 分)



Windows XP のグループ ポリシーの設定

次のポリシー設定では、Net Logon ベースのトラフィックおよび Windows XP クライアント上の DFS ベースのトラフィックの頻度を制御します。これらの設定を見つけるには、[スタート] ボタン [実行] をクリックして、 gpedit.mscと入力し、[ OK] をクリックします。
コンピューターの構成/管理用テンプレート/システム/ネットワークのログオン
  • 清掃の間隔
  • 非バッグラウンド呼び出しのポジティブ定期 DC キャッシュ更新
  • バッグラウンド呼び出しのポジティブ定期 DC キャッシュ更新
  • DC 発見の試行のバック グラウンド呼び出しの設定
  • DC 発見の試行間隔の設定をバック グラウンド呼び出しの
  • 初期の DC 発見の試行の背景の呼び出し元の設定
  • ネガティブ DC 発見キャッシュの設定
  • 連絡先 PDC にログオンの失敗
  • ログオン時に予想されるダイヤルアップの遅延
コンピューターの構成/管理用テンプレート/ネットワーク
  • DFS クライアントが Dc を検出する頻度を設定します。

    既定では、DFS クライアントは 15 分ごとにドメイン コント ローラーを検出しようとします。DFS クライアントが Dc を検出する頻度を設定する設定を有効にした場合は、間隔を変更することができます。この値は、分単位で指定されます。この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合は、15 分の既定値が適用されます。対応するレジストリ サブキーは、次の。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\System\DFSClient\DfsDcNameDelay

"グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択] の設定

既定では、グループ ポリシーは、読み取りし、ドメインの PDC 操作マスターとして指定されているドメイン コント ローラーに変更を書き込みます。Active Directory ユーザーとコンピューターまたは Active Directory サイトとサービスを使用するドメイン コント ローラー上でグループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択値を変更することをお勧めします。対応するレジストリ サブキーは、次の。
サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Group ポリシー Editor\DCOption
説明: DCOption レジストリ エントリは、グループ ポリシーを使用するドメイン コント ローラーを決定します。
種類: DWORD
推奨値: 2
範囲: 1、2、3

既定値: 1
DCOption エントリは、グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択] グループ ポリシー設定の設定値を格納します。グループ ポリシーは、ポリシーを有効にする DCOption エントリをレジストリに追加します。ポリシーを無効にした場合、または [未構成] に設定は、グループ ポリシーは、レジストリからこのエントリを削除し、値が 1 の場合と、コンピューターが動作します。


DCOption エントリの値を変更するには、グループ ポリシー オブジェクト エディターで [グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択ポリシーを構成します。グループ ポリシー ドメイン コント ローラーの選択ポリシーを見つけるには、次のグループ ポリシー オブジェクトを参照してください。
ユーザー構成管理用テンプレート \ グループ ポリシー
次の表では、設定について説明します。
説明
1 つまたはレジストリではなくPDC を使用します。グループ ポリシーがドメインの PDC 操作マスターとして指定されているドメイン コント ローラーへの変更内容を読み書きします。
2スナップインのグループ ポリシーの読み取り、Active Directory ユーザーとコンピューターまたは Active Directory サイトとサービスを使用するドメイン コント ローラーに変更を書き込みます、Active Directory ディレクトリ サービスから継承されます。
3任意の利用可能なドメイン コント ローラーを使用します。グループ ポリシーは、読み取りし、利用可能なドメイン コント ローラーへの変更を記述します。

パート 2: 既定値

パケットの種類の既定値

次の表では、パケットの種類とその既定間隔を送信します。
パケットの種類プロトコルトランスポート間隔注:
NetLogonサーバー メッセージ ブロック (SMB)TCP/IP、NetBIOS の強化されたユーザー インターフェイス (NetBEUI)300 秒
参照SMBTCP/IP、netbeui プロトコル720 秒この値は、Microsoft Windows NT に適用されます。
キープア ライブネットワーク基本入出力システム (NetBIOS)TCP/IP3600 秒 (60 分)
SessionAliveNetBIOSNetbeui プロトコル30 秒この値は、Microsoft LAN マネージャーに適用されます。
キープア ライブNetBIOSインターネットワーク パケット交換 (IPX)30 秒
SMB のエコーSMBIPX の直接ホスト240 秒
エコーの NetBIOS over TCP/IP (NetBT)NetBIOSTCP/IP、netbeui プロトコル120 秒セッションがアイドル状態の場合は、ファイル サーバーは、SMB エコー フレームを指定した間隔で送信します。
Windows エクスプ ローラーSMBTCP/IP、netbeui プロトコル32 秒この値は、ファイル サーバーは、クライアントが開くには未処理の長期的な要求を持っている限りクライアントに、SMB エコー フレームを送信する頻度を制御します。
キープア ライブNetBIOSTCP/IP300 秒 (5 分)このエントリに対応します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlServices\NetBT\parameters\SessionKeepAlive
キープア ライブTCPTCP/IP1 秒このエントリに対応します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TCPIP\Parameters\KeepAliveTime
注:
  • 次の表に、参照パケットの種類では、Windows NT ベースの PDC とバックアップ ドメイン コント ローラー (Bdc) との間のネットワーク トラフィックを示します。


  • Windows NT リダイレクターは、SMB エコー フレーム 30 秒または関連付けられている長期的な要求の保留状態になっている各ファイル サーバーに 32 秒ごとをエコーします。たとえば、ファイル サーバーは、Microsoft Internet Explorer で NotifyChange 要求があります。これらのパケットを避けるためには、 NoRemoteChangeNotifyキーを設定できます。

    詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

    831129フォルダー ツリーがちらつく Microsoft Windows エクスプ ローラーでマップされたネットワーク ドライブを表示するとき

    816375マップされたネットワーク ドライブに Windows XP のエクスプ ローラー ウィンドウが表示がちらつく


  • キープア ライブ間隔 (120 秒) のクライアントとサーバー間のデータ転送がない場合は、サーバーは、最初の keep-alive プローブを送信します。2 分続くと、(アイドル状態のツリーに接続する) は、ファイル サーバーは、1 バイト セッション メッセージを送信します。TCP ペイロードは、「02」です。 TCP シーケンス番号は、-1 の最後の受信確認 (ACK) で始まる、現在の受信確認で終わります。
  • 名前付きパイプを使用してサーバーに接続した場合、サーバー メッセージを送信"NetBT:: SS-セッション Keep Alive"クライアントに約 300 秒ごとです。


    NetBT の SessionKeepAlive エントリは、次のレジストリ サブキーには。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetBT\Parameters
  • 0 で 3 バイト NetBT ヘッダーの (0) の値の後に keep alive メッセージに含まれるバイト、0x85 が、共通インターネット ファイル システム (CIFS) TCP セッション。クライアントが構成可能な間隔のメッセージが送信されていない場合、keep alive メッセージを送信することがあります。



Microsoft Office Outlook 2003 と Microsoft Exchange Server の既定値

クライアントは、既定では、空き時間情報を 15 分 (900 秒) のサーバーに発行します。Outlook 2003 では、既定の間隔は 45 分です。この間隔を変更するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Outlook を起動します。
  2. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [設定] タブで、予定表オプションをクリックします。
  4. 予定表オプション] ダイアログ ボックスで、空き時間情報オプションをクリックします。
  5. サーバー上の空き時間情報を更新する] のボックスで、間隔として使用する分の数を入力します。

Windows NT 4.0 の既定値

コンポーネント既定の間隔の設定注:
SAM のレプリケーション300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters\Pulse の信頼
関係900 秒 (15 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetLogon\Parameters\ScavengeInterval
WINS のレプリケーション300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Replicator\Parameters\Interval、パルス
ライセンス サービスのレプリケーション24 時間既定では、ライセンス サービスのレプリケーションは 24 時間に 1 回実行します。何らかの理由では、BDC が PDC 上のライセンス サービスに接続できません、する場合は、BDC は、成功するまで、15 分ごとに 1 回のレプリケーションを実行する続行されます。この値を変更するには、ライセンス アプリケーション、レプリケーションの頻度ではコントロール パネルのユーザー インターフェイスを使用して、または、ライセンス ログ サービス (LLS) を停止します。

Windows NT 4.0 環境でルータを介したトラフィックを最小限に抑える方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

142692を最小限に抑える WAN トラフィック
DFS クライアント21 分Windows NT SP6a のリリース後、この問題が修正されました。この問題を解決するには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている修正プログラムをインストールします。

271374 Windows NT 4.0 SP6 クライアント PDC にアクセス 21 分ごと

次のレジストリ サブキーを 1 に設定して DFS を無効にする必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Mup\DisableDFS

Windows NT 4.0 および Windows 2000 の既定値

コンポーネント既定の間隔の設定注:
ドメイン ブラウジング720 秒 (12 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters\MasterPeriodicity
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Browser\Parameters\BackupPeriodicity
WINS のレプリケーション30 分この値を変更するには、WINS のグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用します。

プリンターの参照600 秒 (10 分)現在のプリント サーバー上の参照スレッドを無効にするには、次のレジストリ サブキーを 1 に設定します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print\DisableServerThread
SMB 接続終了後に 600 秒 (10 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters\KeepConn
NetBIOS ノードの種類4 (混合、または m ノード)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NetBt\Parameters\NodeType

このレジストリ サブキーは、b ノードは、1、2 p ノード、m ノードは、4、8 h ノードでは、TCP/IP 上で NetBIOS が使用する NetBIOS 名前解決のモードを指定します。この値を構成するには、DHCP サーバーで DHCP マネージャーを使用します。既定では 1 (ノード b) を指定する値が指定されていない場合です。WINS サーバーが指定されている場合と、NodeType の値が指定されていない場合は、既定値は 8 (h ノード) にします。


PPTP"keep-alive"パケット60 秒この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Raspptpe\Parameters\Configuration\InactivityIdleSeconds

このレジストリ サブキーでは、制御チャネルでの活動がないポイント ツー ポイント トンネリング プロトコル (PPTP) は引き続きする時間を秒数を指定します。既定では、PPTP は 60 秒ごとに"keep alive"パケットを送信します。

Windows 2000 の既定値

コンポーネント既定の間隔の設定注:
Net Logon のドメイン コント ローラーの検出900 秒 (15 分)1 時間ごとに 1 回のクエリを発行するように Windows 2000 Service Pack 2 (SP2)、ディレクトリ サービス クライアントのコードが変更されました。1 時間を超えた場合は、このクエリ時間を延長するのにはレジストリ キーを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

265395 Windows 2000 でメンバーの探索 15 分ごとを使用して実行可能な高のダイヤル オンデマンド回線コスト
ドメイン コント ローラーに対する DFS クエリ900 秒 (15 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters\DfsDcNameDelay

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

265395 Windows 2000 でメンバーの探索 15 分ごとを使用して実行可能な高のダイヤル オンデマンド回線コスト
GPO の更新間隔90 分詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

265395再発の WAN トラフィックが 5 分ごと可能性があります行の高コスト
リンク トラッキング サービス4 時間この間隔は、追加の DNS クエリを可能性があります。この問題は、Windows 2000 SP2 で修正されました。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

279117分散リンク トラッキング サーバー サービスは、追加の DNS クエリで Windows 2000 Server
MMC では、不要な DNS クエリ[グループ ポリシー オブジェクト エディターでの動作この問題は、Windows 2000 SP3 で修正されました。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

295165不要な DNS クエリは、ネットワークのオーバーヘッドを生成します
DNS サービス300 秒 (5 分)この間隔は、コストの高い行を可能性があります。この問題は、Windows 2000 SP3 で修正されました。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

311736再発の WAN トラフィックが 5 分ごと可能性があります行の高コスト
Net Logon サービス LSA のリモート プロシージャ コール (RPC)300 秒 (5 分)RPC の Active Directory と Exchange のレプリケーション トラフィック。
サイト内のドメイン コント ローラー レプリケーション300 秒 (5 分)この値を変更するには、次のレジストリ サブキーを使用します。

CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters\"レプリケーター一時停止の通知後 (秒) を変更」

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

既定サイト内のドメイン コント ローラー レプリケーションの間隔を変更する方法を214678

Windows XP および Windows Server 2003 の既定値

コンポーネント既定の間隔の設定注:
タイム サービス (W32time)17 分次のレジストリ サブキーは、この値を参照ください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32time\Config\MaxPollInterval

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32time\Config\MinPollInterval

詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

823456 Windows タイム サービスが Windows Server 2003 と Windows XP では、ローカルのポーリング間隔の値を無視します。

Microsoft Windows タイム サービス (W32time) の点で、MinPollInterval のローカルのポーリングの値を変更する場合、値は無視されます。サービスは常に 17 分間隔でポーリングします。

詳細

マイクロソフト サポート技術情報

詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

134985ブラウズおよびその他のトラフィックが発生するコストが高い ISDN ルーター越し

135360定期的に再送信パケットの時間

Windows の参照に関する一般的な質問を136712

140552リンク w/TCP/IP を低速の WAN 経由で実行する Windows NT を最適化する方法

142692を最小限に抑える WAN トラフィック

150350パルスの NetLogon の最大値は 3600 を超える必要があります。

152719 WAN および信頼: ネットワーク上のトラフィック

164257インアクティビティ ・ タイムアウトに渡されない TAPI サービス プロバイダー

193841 PPTP キープア ライブの調整の頻度

RAS または低速リンク経由で Windows NT 4.0 ドメインのコント ローラーを207552

265395 Windows 2000 でメンバーの探索 15 分ごとを使用して実行可能な高のダイヤル オンデマンド回線コスト

295165不要な DNS クエリは、ネットワークのオーバーヘッドを生成します

311736再発の WAN トラフィックが 5 分ごと可能性があります行の高コスト

Windows XP の314053 TCP/IP および NBT の構成パラメーター

816649 DBNetLib は、ハード コーディングされた KeepAliveTime と KeepAliveInterval を設定します。

既定サイト内のドメイン コント ローラー レプリケーションの間隔を変更する方法を214678

291377ポリシーは、Windows XP クライアントが DFS 照会の頻度を制御するには

829104 DFS クライアントが DfsDcNameDelay レジストリ キーの設定を無視します。

831129フォルダー ツリーがちらつく Microsoft では、マップされたネットワーク ドライブを表示すると、

816375マップされたネットワーク ドライブに Windows XP のエクスプ ローラー ウィンドウがちらつく

823456の修正: Windows タイム サービスには、Windows Server 2003 と Windows XP では、ローカルのポーリング間隔の値が無視されます。

マイクロソフトのホワイト ペーパー

」を使用して Microsoft Windows XP Professional でサービス パック 1 管理環境における「のタイトル、ホワイト ペーパーのダウンロード可能です。このホワイト ペーパーでは、Windows XP Professional Service Pack 1 (SP1) 内のコンポーネントとインターネット上のサイト間で行われる通信に関する情報を提供します。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download ホワイト ペーパーのパッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2004 年 10 月 26 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

特定の問題と、関連付けられているマイクロソフト サポート技術情報

Windows NT 4.0 および Windows 2000 を参照し、WINS のレプリケーション

  • 記事:
    134985ブラウズおよびその他のトラフィックが発生するコストが高い ISDN ルーター越し


    原因: 次のコンポーネントの既定の間隔が正しく構成されて、この問題を発生する可能性があります。
    • ドメイン ブラウジング
    • WINS のレプリケーション
    • ディレクトリの複製
    • ユーザー アカウント データベース (SAM) の複製
    • プリンターの参照
    出現個数: は、既定の間隔のパラメーターによって異なります。
    解決方法: 適切な間隔を大ききます。

Windows NT 4.0

  • 記事:
    142692を最小限に抑える WAN トラフィック


    原因: 次のコンポーネントの既定の間隔が正しく構成されて、この問題を発生する可能性があります。
    • ライセンス ログ サービス
    • 参照
    • SAM のレプリケーション
    • SMB 接続の終了
    • NetBIOS ノードの種類
    • 信頼関係
    • レプリケーター サービス
    • WINS のレプリケーション
    出現個数: は、既定の間隔のパラメーターによって異なります。
    解決方法: 適切な間隔を大きい値に変更します。

Windows NT 4.0 サービス パックの 6a (SP6a)

  • Article:
    271374 Windows NT 4.0 SP6 クライアント PDC にアクセス 21 分ごと

    原因: Windows NT 4.0 が PDC にアクセス 21 分ごと DFS 紹介を取得します。
    出現個数: 21 分がすべてです。
    解像度: 271374 の修正プログラムをインストールします。

Windows 2000

  • Article:
    265395 Windows 2000 でメンバーの探索 15 分ごとを使用して実行可能な高のダイヤル オンデマンド回線コスト

    原因: この問題はDsGetDcName関数は、Net Logon サービス ドメイン コント ローラーの検出で使用する、DFS は、ドメイン コント ローラー、または GPO の更新間隔の照会します。
    出現個数: は、既定の間隔のパラメーターによって異なります。
    解決方法: Windows 2000 Service Pack 2 (SP2) をインストールします。Windows 2000 SP2 では、既定の間隔を 1 時間に設定および長い間隔の構成を有効にします。
  • Article:
    279117分散リンク トラッキング サーバー サービスは、余分な DNS クエリで Windows 2000 Server

    原因: この問題は、追加の DNS クエリの"_ldap._tcp。サイト名です。 _sites.dc._msdcs です。サーバー名]
    出現個数: 4 時間がすべてです。
    解決方法: Windows 2000 SP2 をインストールします。
  • 記事:
    295165不要な DNS クエリは、ネットワークのオーバーヘッドを生成します

    原因: この問題は、偽 DNS クエリの"_ldap._tcp。サイトのサイト名です。 _sites.dc_msdcs です。サーバー名です。ドメイン名
    出現個数: たびに、DNS クライアント ドメイン コント ローラー上のドメインのグループ ポリシー設定の [セキュリティ] セクションが開きます。
    解決方法: Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。
  • 記事:
    311736再発の WAN トラフィックが 5 分ごと可能性があります行の高コスト

    原因: この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
    • リモート プロシージャは、[認証されたユーザーが信頼されたドメインに転送されるため、(RPC) の LsaLookupNames を呼び出します。
    • 英語以外のバージョンの Windows 2000 は、Active Directory 統合ゾーンの DNS サーバーを実行しています。
    出現個数: すべて 5 分または 300 秒です。
    解決方法: Windows 2000 SP3 をインストールします。

Windows XP の場合

  • 記事:
    330929 Windows XP が原因で余分な SMB トラフィックの変更の通知

    原因: Windows xp の SessionKeepAlive 設定が変更された場合でも、キープア ライブ トラフィックを送信するクライアントの原因となるバグがあり、します。

    見つかった: 32 秒がすべて。
    解決方法: が修正プログラム 330929 を適用し、NoRemoteRecursiveEvents レジストリ エントリを 1 に設定します。
  • 記事:
    詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

    829104 DFS クライアントが DfsDcNameDelay レジストリ キーの設定を無視します。

    原因: マイクロソフトのサポート技術情報の記事 291377 は分散ファイル システム (DFS) の数を削減していないに記載されている手順は、DfsDcNameDelay レジストリ キーを追加した後、コンピューターの問題をするかを照会します。
    見つかった: 15 分がすべてです。

    解像度: 829104、修正プログラムを適用し、15 から 360 分の間に、DfsDcNameDelay レジストリ エントリを設定します。

  • 記事:
    Windows XP の323713の説明のユニバーサル ・ プラグアンド プレイ機能

    原因: UPnP デバイスはネットワークのサブネット上の自分の存在を読み上げることが定期的に自動的にことができます。

    見つかった: 発生が異なります。
    解決方法: は、必要のない場合、UPnP デバイス ホスト サービスを無効にします。

プロパティ

文書番号:819108 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック