Windows Server 2003 グローバル オブジェクトの作成について

概要

Windows Server 2003 では、ユーザーがターミナル サービス セッション中にグローバル オブジェクトを作成する場合、管理者権限が必要になります。


: セッション固有のオブジェクトは、このユーザー権利が割り当てられていなくても作成することができます。

詳細

ユーザーがグローバル オブジェクトを作成できるようにするには、次の操作を行ないます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コンピュータの構成 - Windows の設定 - セキュリティの設定 - ローカル ポリシー - ユーザー権利の割り当て を順に展開し、[グローバル オブジェクトの作成] ポリシーを見つけます。
  4. [グローバル オブジェクトの作成] ポリシーのプロパティを開き、権限を与えたいユーザーまたはグループを追加します。
  5. [OK] をクリックします。
: このユーザー権利を割り当てると、セキュリティが侵害されるおそれがあります。このユーザー権利は、信頼できるユーザーのみに割り当ててください。

状況

この現象は Windows Server 2003 のセキュリティ強化に基づく仕様変更によるものです。

関連情報

関連情報については、Windows Server 2003 ヘルプを参照してください。
プロパティ

文書番号:819817 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック