[OL2002] 開封確認メッセージが直ちに送信されない

概要

この資料では、Outlook 2002 において、開封確認メッセージが直ちに送信されない現象について記述しています。

現象

Exchange サーバーに MAPI 接続している Outlook 2002 クライアントから、個人用フォルダ ファイル (以下、PST ファイル) に保存されている未開封の開封確認要求付きメッセージを開くと、開封確認メッセージは直ちに送信されず、メールの送受信を実行した際に送信されます。

詳細

再現手順
--------

  1. Exchange サーバーに MAPI 接続するプロファイルを作成し、PST ファイルを追加します。
  2. 手順 1 で作成したプロファイルを使用して、Exchange サーバーにログオンします。
  3. 開封確認要求付きメッセージを作成し、自分自身に送信します。
  4. 受信したメールを受信トレイから PST ファイルに移動します。
  5. そのメールを開き、開封確認メッセージを送信します。

結果
----


開封確認メッセージは直ちに受信されず、メッセージの送受信を実行した際に受信されます。

回避策

この現象を回避するには、開封確認を要求するメッセージを開封した直後に明示的にメッセージの送受信を実行します。

状況

この現象は、弊社にて Outlook 2002 の問題として確認しています。

関連情報

Outlook 98、および Outlook 2000 では、本現象は発生いたしません。
プロパティ

文書番号:820830 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック