サウンド レコーダーの録音時間を延長する方法

概要

Microsoft Windows に付属するサウンド レコーダー ユーティリティでは、デフォルトの最大録音時間は 60 秒です。

詳細

この制限を回避し、録音時間を延長するには、次の手順を実行します。


  1. サウンド レコーダーを起動します。
  2. [録音] (マイク) ボタンを選択し、サウンド レコーダーを 60 秒間動作させます。
  3. サウンド レコーダー が停止してから、[ファイル] メニューから [名前を付けて保存] を選択し、ファイル名を BLANK.WAV とします。
  4. 録音時間を延長するには、[編集] メニューから [ファイルの挿入] を選択し、BLANK.WAV を選択します。
これで、サウンド レコーダーの最大録音時間が 60 秒だけ長くなります。さらに 1 分間延長するには、ステップ 4 をもう一度繰り返します。たとえば、録音時間を 5 分間にするには、BLANK.WAV を 5 回挿入します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
82215 (最終更新日 2000-07-03) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:82215 - 最終更新日: 2004/12/27 - リビジョン: 1

フィードバック