Microsoft SQL Server の災害復旧オプションの説明

概要

災害が発生した場合、Microsoft SQL Server データベースからデータを回復するためのさまざまなソリューションについて説明します。長所と短所の各ソリューションについても説明します。

災害復旧は、災害が発生した場合、情報システムやデータを回復させるために使用できるプロセスです。

障害の例いくつかにはの独立したディスク (RAID 5 アレイで、自然または人為的災害、火災など、2 台のディスク障害などの技術的な障害が含まれます。

災害復旧計画は、災害への応答として行う必要のあるすべてのアクションの準備に使用される作業です。計画には、貴重なデータを回復できるように、戦略の選択が含まれます。適切な障害回復戦略の選択は、お客様のビジネス要件によって異なります。

注: この資料に記載されているソリューションは、使用できるテクノロジの一般的な説明を提供するだけです。これらの一般的な説明では、さまざまな障害回復の方法や、障害復旧計画を比較するためです。どの災害リカバリ ・ ソリューションが最適であるかを決定する前に、推奨される障害復旧ソリューションの詳細については、これらを確認することを確認します。各災害復旧ソリューションを紹介した後は、この資料は、そのソリューションに関する追加情報を見つけることができますリンクを示します。

フェールオーバー クラスタ リング

Microsoft SQL Server 2000 フェールオーバー クラスタ リング、フェイル オーバーに自動的にハードウェア障害またはソフトウェア障害が発生した場合です。SQL Server 2000 のインスタンスの 1 つまたは複数の SQL Server 2000 インスタンスのフェールオーバー クラスターを作成するのにはクラスター化 SQL Server 2000 フェールオーバーを使用することができます。フェールオーバー クラスタ リングでは、稼働中のサーバーに障害が発生したサーバーから SQL Server のインスタンスの処理を自動的に切り替えるには、データベース システムを使用できます。したがって、フェールオーバー クラスタ リングは、オペレーティング システムで障害が発生した場合、またはデータベース ・ システム ・ リソースの計画済みのアップグレードを実行する場合に便利です。また、フェールオーバー クラスタ リングと、ダウンタイムなしでのサーバーの可用性が向上します。

サーバー ダウンタイムなしにほとんどのサーバーの高可用性のフェールオーバー クラスタ リングがデザインされているために、互いクラスター ノードが地理的にする必要があります。フェールオーバー クラスタ リングがあります、ディスク アレイに障害が発生した場合に便利です。

注: フェールオーバー クラスタ リングを実装するには、Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition をインストールする必要があります。

以下のオペレーティング システムは、フェールオーバー クラスタ リングをサポートします。
  • Microsoft Windows NT 4.0 Enterprise Edition では、
  • Microsoft Windows 2000 Server の詳細
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition では、
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition では、
これらのオペレーティング システムには、Microsoft クラスター サービス (MSCS) のインストール可能なコンポーネントが含まれます。SQL Server のクラスタ リング フェイル オーバーを実装するには、MSCS をインストールする必要があります。

MSCS のインストールに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

259267 Microsoft クラスター サービスのインストール ・ リソース

フェールオーバー クラスタ リングを使用しての長所と短所

利点
サーバーの高可用性があります。フェールオーバー クラスタ リングが自動的には、プライマリ サーバーで障害が発生した場合に発生します。
短所
  • 費用が高くします。2 台のサーバーのメンテナンスは、1 台のサーバーを維持するための 2 倍のコストです。同時に 2 台のサーバーを管理する必要がある、ためをインストールし、クラスター化されたノードを保持する高価です。
  • サーバーは、同じ場所にする必要があります。組織の支社が世界中には、それらの支社にアクティブ/アクティブ クラスターを実装する必要がある場合は、ネットワークとストレージ ・ インフラストラクチャを使用する必要がある、標準のクォーラム デバイス サーバー クラスターとは大きく異なります。したがって、こともできますが、それは地理的に離れているサーバーを使用することをお勧めします。
  • ディスク アレイの障害に対する保護があるありません。
  • フェールオーバー クラスタ リングの場合、データベース レベルまたはテーブル レベルなどのデータベース オブジェクト レベルでは、フェールオーバー クラスターを作成することはないです。
フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

243218 Microsoft クラスター サーバー上の SQL Server 2000 Enterprise Edition のインストールの順序

822250サポート ウェブ キャスト: Microsoft SQL Server 2000 のフェイル オーバー クラスタ リングの障害回復手順

SQL Server フェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server フェールオーバー クラスターの327518 「マイクロソフトのサポート ポリシー

データベース ・ ミラーリング

データベース ・ ミラーリングでは、主にソフトウェア ・ ソリューション データベースの可用性を向上させます。のみ、データベースごとにミラーリングを実装できます。ミラーリングは、完全復旧モデルを使用するデータベースでのみ機能します。単純なと一括ログ復旧モデルは、データベース ミラーリングをサポートしていません。したがって、すべての一括操作が常に完全に記録されます。データベース ミラーリングは、任意のサポートされているデータベースの互換性レベルで動作します。

データベース ミラーリングを使用しての長所と短所

利点
  • データベース ミラーリングには、データ保護が大きくなります。
  • データベース ミラーリング、データベースの可用性が向上します。
  • データベース ミラーリングは、アップグレード中に運用データベースの可用性を向上させます。
短所
  • ミラー データベースがプリンシパル データベースと同じ必要があります。たとえば、すべてのオブジェクト、ログイン、およびアクセス許可は同一である必要があります。
  • データベース ミラーリングには、ネットワーク経由で 1 台のコンピューターから別のコンピューターへの情報の転送が含まれます。したがって、SQL Server に転送される情報のセキュリティは、非常に重要です。

ピア ツー ピア トランザクション レプリケーション

ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションは、読み取り可能性がありますまたはレプリケーションに参加している任意のデータベース内のデータを変更する可能性がありますアプリケーション用です。さらに、データベースをホストするサーバーが利用できない場合は、残りのサーバーにトラフィックをルーティングするアプリケーションを変更できます。残りのサーバーには、データの同一のコピーが含まれています。

ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションを使用しての長所と短所

利点
  • すべてのノード間で活動を展開することができますので、読み取りパフォーマンスが向上します。
  • 更新のパフォーマンスを集約、挿入のパフォーマンス、およびトポロジのすべての変更がすべてのノードに伝達されるため、1 つのノードのパフォーマンスのようなパフォーマンスを削除します。
短所
  • ピア ツー ピア レプリケーションは、SQL Server 2005 Enterprise Edition でのみ使用します。
  • 参加しているすべてのデータベースには、同じスキーマとデータを含める必要があります。
  • 各ノードが独自のディストリビューション データベースを使用することをお勧めします。この構成では、単一点障害を持つ SQL Server 2005 の可能性を除去します。
  • 1 つのパブリケーション データベース内の複数のピア ツー ピア パブリケーションでは、テーブルやその他のオブジェクトを含めることはできません。
  • パブリケーションのサブスクリプションを作成する前に、ピア ツー ピア レプリケーションに対して有効にする必要があります。
  • バックアップを使用するか、レプリケーション機能だけをサポートするサブスクリプションの同期型の値を設定することにより、サブスクリプションを初期化する必要があります。
  • ピア ツー ピア トランザクション レプリケーションでは、競合の検出または競合の解決は提供されません。
  • Id 列を使用しないことをお勧めします。

ウォーム スタンバイ サーバーの保守

作成して、次のいずれかを使用してウォーム スタンバイ サーバーを維持します。
  • ログ配布
  • トランザクション レプリケーション
各これら 2 つの方法の詳細についてに依存しています。

ログ配布

ログ配布が Microsoft SQL Server 7.0 の場合、リソース キットに含まれているし、Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition では、Microsoft SQL Server 2000 の開発者のエディションで完全に組み込まれています。ログ配布では、通常の操作中には使用されないスタンバイ サーバーを使用します。スタンバイ サーバーは、障害が発生した場合にデータを回復させるために便利です。ログ配布はデータベース レベルでのみ使用できます。インスタンス レベルでは使用できません。

スタンバイ サーバーでは、トランザクション ログの復元とデータベースが排他モードでは使用可能ではありません。ただし、バッチがトランザクション ログの復元のジョブのレポートを実行することができます。 またはデータベース コンソール コマンド (DBCC) を継続的にスタンバイ サーバーの整合性を確認するのにチェックします。データベース ・ サーバ上の継続的な処理を必要とする意思決定支援サーバーなど、アプリケーションのログ配布は適切なオプションではありません。

スタンバイ サーバーの待機時間がプライマリ サーバーでトランザクション ログのバックアップを実行する頻度に基づくし、スタンバイ サーバーに適用されます。プライマリ サーバーが失敗した場合は、バックアップ、最新のトランザクション ログの後に発生したトランザクションによって加えられた変更を失う可能性があります。

たとえば、トランザクション ログのバックアップは 10 分ごとに取得、する場合、最新の中にトランザクション 10 分間失われます。これは必ずしも遅延期間中にプライマリ サーバーに対して行われたデータの更新が失われること。通常、プライマリのトランザクション ・ ログ内の新しい更新を回復し、プライマリ サーバーからスタンバイ サーバーへの切り替えに若干の遅延のみをウォーム スタンバイ サーバーに適用します。ログ配布の主な目的は、ウォーム スタンバイ サーバーを維持するためには。主な目的は、ウォーム スタンバイ サーバーを保守するには、ログ配布がこの資料で説明する他のソリューションよりもより適切な可能性があります。

ログ配布を使用しての利点と欠点

利点
  • データベースのすべての活動を回復することができます。リカバリには、テーブルやビューなど、作成されたすべてのオブジェクトが含まれています。作成した新しいユーザーなどのセキュリティの変更と権限の変更も含まれています。
  • 高速にデータベースを復元することができます。データベースとトランザクション ログの復元は、低レベルのページの形式に基づいています。したがって、ログ配布の復元プロセスを高速化とデータの迅速なリカバリできます。
短所
  • データベースがスタンバイ サーバーで排他モードで、ために、データベースは復元処理中に使用可能ではありません。
  • 粒度の不足があります。復元プロセスの実行中にプライマリ サーバーですべての変更は、スタンバイ サーバーに適用されます。残りの変更を拒否して、いくつかのテーブルに変更を適用するのには、ログ配布を使うことはできません。
  • アプリケーションの自動フェイル オーバーはありません。プライマリ ・ サーバ障害が発生して、スタンバイ サーバーは自動的にフェールオーバーが発生しないをしません。そのため、プライマリ サーバーをスタンバイ (フェールオーバー) サーバーに接続するアプリケーションを明示的にリダイレクトする必要があります。
注: ウォーム スタンバイ サーバーを維持するために、主な目的がある場合は、ログ配布を使用することをお勧めします。ウォーム スタンバイ サーバーには、プライマリ サーバー上で発生するすべてのトランザクションが反映されます。ただし、プライマリ サーバーが利用可能な場合は、スタンバイ サーバーを使用できません。


ログ配布を使用してウォーム スタンバイ サーバーを設定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

323135 Microsoft SQL Server 2000 のログ配布 (ホワイト ペーパー) を設定する方法

325220サポート ウェブ キャスト: Microsoft SQL Server 2000 ログ配布

ログ配布の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

トランザクション レプリケーション

ウォーム スタンバイ サーバーを維持するためにトランザクション レプリケーションを使用することもできます。トランザクション レプリケーションではログ配布よりも待ち時間が短くすることで、別のサーバー (サブスクライバー) に 1 つのサーバー (パブリッシャー) のデータをレプリケートします。テーブル レベルなどのデータベース オブジェクト レベルでトランザクション レプリケーションを実装することができます。したがって、マイクロソフトでは、保護のため、以下のデータがあり、迅速なリカバリ計画が必要である場合は、トランザクション レプリケーションを使用することをお勧めします。

プッシュ サブスクリプションを使用すると、パブリッシャーとしてのプライマリ サーバーと 2 台のサーバーとサブスクリプション サーバーとスタンバイ サーバーの間でトランザクション レプリケーションを実行します。トランザクション レプリケーションは、データ ・ レプリケーションを確保します。パブリッシャーが失敗した場合、サブスクライバーを使用できます。

このソリューションは、同時に、パブリッシャーとサブスクライバーの障害に対して脆弱になります。このようなシナリオでは、データを保護することはできません。ディストリビューターまたはサブスクライバーの障害などの他のすべてのシナリオ、発行元のデータとサブスクライバーのデータを再同期することをお勧めします。

ウォーム スタンバイ サーバーのスキーマ変更を実装していないか、セキュリティの変更、レプリケーションなど、他のデータベースへの変更を実装していない場合にのみをサポートしていないを維持するためにトランザクション レプリケーションを使用する必要があります。

注: レプリケーションは、ウォーム スタンバイ サーバーを保守する設計されていません。レプリケーションでは、レポートを生成するのには、サブスクライバーでレプリケートされたデータを使用できます。比較的ビジー状態であるパブリッシャーの処理を実行しなくても他の一般的な用途のためのレプリケーションを使用することもできます。

トランザクション レプリケーションを使用しての利点と欠点

利点
  • 変更の適用中に、サブスクライバー上のデータを読み取ることができます。
  • 遅延がほとんどで、変更が適用されます。

    注: この利点は、次のいずれかが true の場合に適用できません。
    • レプリケーション エージェントが継続的に設定されていません。
    • レプリケーション エージェントがレプリケーション中に発生する可能性のあるエラーのため停止します。
トランザクション レプリケーション、レプリケーション中に大きいバッチ更新を実行する必要があるために、変更を適用するのには時間がかかる場合があります。
短所
  • スキーマの変更、またはレプリケーションを確立した後、パブリッシャーで実行されるセキュリティ上の変更はサブスクライバーで使用できません。
  • トランザクション レプリケーションでディストリビューション サーバーは、データを配布するのには、オープン データベース コネクティビティ (ODBC) 接続または OLE データベース (ole DB) 接続を使用します。ただし、ログ配布は、トランザクション ログを配布するのにはトランザクションの復元の低レベルの Transact SQL ステートメントを使用します。トランザクションの復元ステートメントは、ODBC 接続または OLEDB 接続よりもはるかに高速です。
  • 通常、サーバーを切り替えるには、レプリケーションの構成が消去されます。したがって、2 回のレプリケーションを構成する必要が。
    サブスクライバーに切り替える場合。
    発行元に切り替えたときにします。
  • 災害が発生した場合は、サブスクライバーへのすべてのアプリケーションをリダイレクトすることによりサーバーを手動で切り替える必要があります。
レプリケーションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

195757よく寄せられる質問 - SQL Server 7.0 のレプリケーション

バックアップと復元機能

SQL Server のバックアップと復元機能は、SQL Server データベースに格納されている重要なデータを保護するために、重要な保護手段を提供します。、バックアップと復元機能を使用してデータベース (バックアップ コピー) のコピーを作成し、SQL Server のインスタンスを実行しているサーバーの障害発生の可能性から保護されている場所にデータベースのコピーを格納できます。データベース システム障害やデータベース破損が発生した場合にデータベースを再作成またはデータベースを復元する、バックアップ ・ コピーし、使用できます。

バックアップと復元機能を使用して災害復旧を計画するときもデータベース内のデータは、重要度を決定します。さらに、データベースの復元に関する要件を決定します。たとえば、次の復元に関する要件を決定します。
  • データベースを復元するをポイントします。次の 2 つの実行を決定する必要があります。
    障害発生前夜の状態にデータベースを復元します。
    障害発生時にできるだけ近い時点の状態にデータベースを復元します。
  • どのくらいの期間、データベースが使用できません。かどうかすぐにデータベースを復元する必要があります。
要件を満たすバックアップ セットを保持しているバックアップ ・ プロセスを計画するには復元に関する要件を決定したら、

最新のバックアップを実行した時点の状態にデータベースを復元することのみできます。バックアップ後に発生したトランザクションは失われる可能性があります。したがって、ミッション ・ クリティカルなデータベース ・ アプリケーションに対してのみバックアップおよび復元機能を使用することをお勧めします。

バックアップと復元機能を使用する利点と欠点

利点
  • ディスク障害から保護するためのリムーバブル メディアにデータベースをバックアップできます。
  • フェールオーバー クラスタ リングを使用するか、ログ配布を実行するようにネットワークに依存する必要はありません。
短所
  • データベースをバックアップするときは、テーブルの作成、インデックスの作成、データベースの圧縮、またはログに記録されない操作などの操作を行うことはできません。
  • 障害が発生する場合は、最新のデータを失う可能性があります。
  • 災害が発生した場合は、手動でデータベースを復元する必要があります。
注: 運用環境で、バックアップおよび復元の手順を使用する前に、この手順をテスト環境で徹底的にテストすることをお勧めします。

バックアップと復元機能の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

325257のサポート ウェブ キャスト: SQL Server 2000 データベースの復元: バックアップし、復元

281122の説明では、SQL Server のファイルとファイル グループのバックアップを復元します。

バックアップと復元機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

ディスクの冗長アレイの独立したディスク (RAID) を使用してデータの冗長性

RAID より高い信頼性を提供する複数のディスクとサーバーのダウンタイムの短縮に冗長なデータを格納します。RAID レベル 0、1、および 5 は通常、SQL Server のリカバリ ・ オプションとして使用されます。記載されている RAID テクノロジーでは、障害とそれに伴う 1 つのディスクの交換サーバーがオフラインにします。複数のディスク障害が発生した場合、データが回復できない場合があります。したがって、バックアップおよび復元の手順は、ハードウェア障害の場合は、データを失わないこと、またはその他の障害が発生したかどうかを確かめるために冗長なデータ管理を組み合わせて使用することをお勧めします。

RAID 0 は、RAID 1 のミラーリング ・ テクノロジーを使用して、データの信頼性に対し、高速アクセスのストライピング技術を使用します。リレーショナル データベース管理に使用される一般的な手法では、RAID 0 と RAID 1 を一緒に使用する必要があります。この技法でできるように、両方のアレイに格納されている情報は、同じドライブの同じ 2 つのストライプ化されたアレイが常に更新されます。1 つの配列が失敗した場合、別のアレイに自動的より元の配列は、オンラインに復帰するまで。

RAID 5 (パリティ付きストライプ化とも呼ばれます) は、パリティ ビットを記述し、データの 1 つのストライプ化されたディスク アレイを使用します。いずれかのディスクが失敗した場合、ディスクを交換するまでは、失われたデータを計算するのにはパリティ ビットを使用できます。ディスクを交換するときは、障害が発生したディスクからデータを再作成し、新しいディスクにデータをコピーするのには、パリティ情報と残りのデータを使用できます。データベース システムのダウンタイムなしに、これらすべての操作が発生します。RAID では、他の多くのオプションとデータベース システムが発生するダウンタイムを最小限にするかどうかを確認を支援するための機能を提供します。

RAID を使用しての長所と短所

利点
いずれかのディスクで障害が発生した場合、データは失われません。
短所
  • データをリカバリするまでに時間がかかる場合があります。
  • 複数のディスクが失敗した場合、貴重なデータを回復することはできません。
RAID の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

安価なディスク (RAID) の冗長アレイの100110概要

関連情報

SQL Server 2000 Books Online の更新されたバージョンをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。その他の災害復旧オプションの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft SQL Server の災害復旧記事を307775

フェールオーバー クラスタ リングの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

195761よく寄せられる質問 - SQL Server 7.0 のフェールオーバー

260758よく寄せられる質問 - SQL Server 2000 のフェールオーバー クラスタ リング

274446アップグレードは、SQL Server 2000 フェールオーバー ソリューションがすべての非 SQL Server 2000 仮想サーバーの推奨を

280743 Windows クラスタ リングと地理的に離れたサイト

バックアップと復元機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。バックアップと復元機能の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

253817マスターとデータベース ファイルが SQL Server で破損している場合は、最後のトランザクション ログをバックアップする方法

314546 SQL Server を実行しているコンピューター間でデータベースを移動する方法

フルテキスト カタログのフォルダーとファイルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

240867の方法を移動、コピー、およびフルテキスト カタログのフォルダーとファイルのバックアップを作成するには

プロパティ

文書番号:822400 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition

フィードバック