Outlook 2003 および Outlook 2007 で電子メール メッセージと添付ファイルが保存されるフォルダを変更する方法

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

256986 Microsoft Windows レジストリの説明

概要

この資料では、Outlook 2003 および Outlook 2007 で電子メール メッセージや添付ファイルの保存に使用されるデフォルトのフォルダを設定する方法について説明します。

詳細

デフォルトでは、Outlook 2007 および Outlook 2003 で [名前を付けて保存] コマンドを使用して電子メール メッセージと添付ファイルを保存すると、これらのアイテムは "マイ ドキュメント" フォルダに保存されます。Outlook 2003 で電子メール メッセージおよび添付ファイルが保存されるデフォルトのパスは次のとおりです。

drive:\Documents and Settings\username\My Documents
drive は Microsoft Windows がインストールされているドライブ、username はユーザーの名前です。



Outlook 2003 で電子メール メッセージや添付ファイルの保存場所を変更するには、レジストリに次の値を追加します。

HKEY_CURRENT USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options\DefaultPath

Outlook 2007 で電子メール メッセージや添付ファイルの保存場所を変更するには、レジストリに次の値を追加します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\DefaultPath
これを行うには、次の手順を実行します。



警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに regedit と入力し、Enter キーを押します。

  3. Outlook 2003 の場合は、レジストリ エディタを使用して、レジストリの次のサブキーを見つけます。

    HKEY_CURRENT USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Options
  4. Outlook 2007 の場合は、レジストリ エディタを使用して、レジストリの次のサブキーを見つけます。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options
  5. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[文字列値] をクリックします。

  6. DefaultPath と入力し、Enter キーを押します。

  7. [DefaultPath] をダブルクリックします。

  8. [文字列の編集] ダイアログ ボックスの [値のデータ] ボックスに、Outlook アイテムを保存するフォルダのパスを入力します。パスには、ドライブ文字からフォルダ名までを含めます。[OK] をクリックします。

  9. レジストリ エディタを終了します。

プロパティ

文書番号:823131 - 最終更新日: 2007/03/20 - リビジョン: 1

フィードバック