「User32.dll に失敗しました」の初期化エラー メッセージが表示、またはユーザー インターフェイスが正しく更新されないこと

現象

プログラム (Microsoft Word など) は、 CreateSolidBrushブラシを作成するグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) API 関数を使用している場合、およびプログラムは、ブラシを削除する前にウィンドウを削除する場合は、GDI リソースが低くなる可能性があり、1 つまたは複数、以下の現象が発生する可能性があります。
  • 次のようなエラー メッセージが表示されます。
    サービス名の DLL 初期化に失敗しました、ダイナミック リンク ライブラリ c:\windows\system32\user32.dll の初期化に失敗しました。プロセスが異常終了しました。
  • ユーザー インターフェイスが正しく更新されないことがあります。メニューが正しく表示されない、ボタンのテキストが失われるなど、アイコンのイメージを再描画しません。

原因

この問題は、オペレーティング システムがブラシを削除する前に、ウィンドウが削除された場合 GDI ブラシ オブジェクトへのハンドルをリークするために発生します。

このリークのトラブルシューティングを行う方法の詳細については、この資料の「詳細」セクションを参照してください。

解決策

Windows Server 2003

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。
必要条件
前提条件が必要ではありません。
再起動の必要性
この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。
修正プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。
ファイル情報
この修正プログラムの英語バージョンがファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルが一覧表示されます。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。
  Date         Time   Version       Size       File name   -------------------------------------------------------
08-Dec-2003 06:11 5.2.3790.110 1,811,456 Win32k.sys

Windows 2000

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号または別のサービス リクエストを作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。
必要条件
この修正プログラムを適用するには、Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) がコンピューターにインストールが必要です。最新の service pack の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします:

260910 Windows 2000 Service Pack の入手方法

再起動の必要性
この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。
修正プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムによって他の修正プログラムが置き換わることはありません。
ファイル情報
この修正プログラムの英語バージョンがファイル属性を持つ (またはそれ以降) 次の表に記載されています。世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻これらのファイルが一覧表示されます。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻]の[タイム ゾーン] タブを使用します。
   Date         Time   Version            Size    File name
--------------------------------------------------------------
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6738 42,256 Basesrv.dll
17-Jan-2003 16:06 5.0.2195.6656 236,304 Cmd.exe
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6762 222,992 Gdi32.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6816 711,440 Kernel32.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6807 333,584 Msgina.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6701 90,232 Rdpwd.sys
04-Sep-2003 17:06 5.0.2195.6801 5,232,128 Sp3res.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6799 380,176 User32.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6794 385,808 Userenv.dll
08-Sep-2003 17:21 5.0.2195.6817 1,628,464 Win32k.sys
03-Sep-2003 22:13 5.0.2195.6815 182,032 Winlogon.exe
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6775 243,984 Winsrv.dll
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6816 711,440 Kernel32.dll
08-Sep-2003 17:21 5.0.2195.6817 1,628,464 Win32k.sys
10-Sep-2003 18:52 5.0.2195.6775 243,984 Winsrv.dll

状況

マイクロソフトでは、この資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品に問題があることを認識しています。

詳細

問題のトラブルシューティングを行うには、 PID 0ブラシ列を監視するのに Gdiobj.exe ツールを使用します。PID が 0では、プライベートではないの GDI オブジェクトを表します。ブラシ列は継続的に向上しますが、低下しない、する場合は、この資料に記載されているメモリ リークが発生している可能性があります。開始および Microsoft Word を停止すると、リークを確認するここでは、2 で、[ブラシ] 列が大きくなりますが、プログラムを終了するときは小さくなりません。

Gdiobj.exe ツールをダウンロードするには、次の Feng の Yuan の Web サイトを参照してください。GDI オブジェクトの追加情報は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。修正プログラム パッケージに名前を付ける方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

816915の Microsoft Windows の修正プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ

プロパティ

文書番号:826518 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

フィードバック